読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

TRUE DETECTIVEを見た!

ドラマ『TRUE DETECTIVE』全8話を見終えた。
めちゃくちゃ面白かった…もう一回言うとめ!ちゃ!く!ちゃ!!面白かったーー!
ルイジアナの田舎町で起こった殺人事件を17年かけて捜査する二人の刑事の話なんですけどもそんなあらすじよりもまずはオープニング映像を見てくれや一生一緒にいてくれや。

True Detective - Opening song (HD) (The Handsome Family - Far From Any Road)

これで「うおおお」と高ぶっちゃった人はこんな場末のブログなんて見てる場合じゃねえ。今すぐにHuluに入って鑑賞or最寄りのTSUTAYAに駆け込み女と駆出し男。
えげつないくらいに必見ってのはこのドラマのことじゃねえか!
もうね、今まで見逃してたのが悔しい。私悔しい。すごい面白いものを数年放置してたことが悔しい。
最初は「ツイン・ピークス」な刑事ものやーって思ってたらね、だんだん哲学や宗教的な話になり、どんどんおぞましいサイコホラー的な展開もあるかと思えば、ドラマ史どころか映画史に残るような眼を見張るアクションもありでもうその盛りだくさんっぷりに心の預金口座がパンパンになっちゃう…となってるところに最後は人生というより宇宙的な光と闇の闘いになり俺はそのスケールの大きさと確実にあるその希望に涙が溢れて仕方なかったんですよ。
と書いてた何言ってるんだとなりますが、本当そんな話でした。気が狂ったわけじゃない。本当にそうなんだ。まじで宇宙に行っちゃうんだ。
とここで宇宙?ってなった人もgood nightだからとりあえずDVD借りて…。
全編通して詩的かつ禍々しい雰囲気と何度も噛み砕きたくなる会話と入り組んだ構成が魅力的。
とりあえず監督のキャリー・ジョージ・フクナガ作品と脚本のニック・ピゾラット作品は追っていきたい。
キャリー・ジョージ・フクナガはNetflixで監督作『ビーストオブノーネーション』が配信されているし、ニック・ピゾラットは『マグニフィセント・セブン』の脚本を書いたみたいだから近いうちに観に行きたい。
とまあ、過去作最新作をこれ一作品で追いかけたくなるような作品だったわけですよ。
凄いのよ。本当。
主演のマシューマコノヒーとウディ・ハレルソンも最高すぎ。特にマシューマコノヒーは凄い凄いと思っていたとはいえこんなえげつない俳優さんだとは思ってなかった。肉体改造的な意味合いもだし、目がまじというか向こう側に行ってしまったひとの目をしながらずっと演技をしているというか。というか途中から俳優さんってことを完全に忘れてたよ。終わってメイキングをちらっと見て、あっ演技かって気がついたくらいだよ。
俺はそういい加減なんだ。
ということで凄くおすすめしたい。
南部ゴシックという世界も知ることが出来たし。アメリカの南部というあんまりゴシック要素がない土地に思えるのに、このドラマが終わる頃にはこんなに呪術的な文化が似合う土地もねえ…って震えたくらい。自然に沼地にそこに生える木に、どれもまがまがしく見える。
猟奇殺人、悪魔信仰、子供殺し、近親相姦、暴力、セックス、イエローキング、カルコサ。ありとあらゆる凄まじい地獄巡りのはてに二人の刑事が見るものは。
私は人生観が揺さぶれるほどに感動した。
このドラマがこんな禍々しい内容なのに今なお支持され続ける理由はこの全8話を駆け抜けた先の希望の描写なんじゃないかと。
世界は確かにクソだ。
欲と暴力とクソにまみれてる。
それでも、俺たちは戦うことができるんじゃねえのか。
この世界をちょっとでもよくできるんじゃねえのか!
ということでこれまでただのビジネスパーソン程度であった主人公たち二人の関係が徐々に変わっていき、唯一無二の相棒に昇華し、そしてこの二人がもたらすクライマックスには涙。そしてタイトルの意味がわかって「あー!」となった。
完璧なドラマやんけ!
最初の2話は退屈に思えるけども、終わってみるとその退屈に思えた描写にすら全て意味があったことに気がついて鳥肌ファッサー。一秒たりとも見逃せない、ながら見厳禁のドラマ。
複雑な人間関係に交錯する時間軸と頭に??が何度も出るドラマかもしれない。
それでも見続けてほしい。
それだけの価値はある素晴らしいドラマだと思います。
超おすすめ。
本当心から超おすすめ。