にゃんこのいけにえ

両目洞窟人間さんが色々と書き殴ってるブログです。

両目洞窟人間のおすすめ自作短編集。

どうも、みなさまこんにちは、両目洞窟人間です。 ↑両目洞窟人間近影。 私は短編小説を時折書いておりまして、時折このブログ「にゃんこのいけにえ」にアップしています。しかし、ブログの性質上、どんどん潜ってしまいせっかく書いたのに埋もれてしまってや…

両目洞窟人間30歳、好きな仮装をする。

例えばの話〜(嵐の"言葉よりも大切なもの"の櫻井くんのラップより) どうも、両目洞窟人間です。 皆様、11月になりましたね。時の過ぎゆくスピードについていけない間に、夜風の風速に身も心も冷え切ってる今日この頃です。 そういえば10月末はハロウィンでし…

だからもっと写真を撮ろう、両目さん。

どうもー両目洞窟人間でーす(ある時からスターであることを引き受けた星野源の名乗りの言い回しで)気がついたら30歳です。昔ならドントトラストオーバー30と、30歳以上は信じるなって言われていましたが、そんな30歳以上は信じるな洋子の話は信じるなって…

両目洞窟人間さんは無収入なので当分映画館に行けそうにない。

どうも、両目洞窟人間です。(矢沢永吉の名乗りの部分のような言い回しで) 現在、無収入で貯金を切り崩している30歳男性なんですけども、当分、まだまだ無収入が続きそうってなってかなりへこんでいます。 そもそも、私は27歳で適応障害から鬱へメタモルフ…

イエスは水をワインに変えて、クリストファー・ノーランはジャンボジェット機を爆破した。

TENETを見ました!と言っても、公開日に見たので、実は一ヶ月前に見てたのです。 それで本当は弟とやっているPodcast『はぐれラジオ純情派』で感想回でもやろうと思って準備もしていたのですが、なかなか色々と都合が噛み合わなくて結局今の今までできずじま…

両目洞窟日記 2020年10月14日 "ファイルーズあい"、"クレヨン社「痛み」、"ラジオ"

ファイルーズあいさんのラジオ『ファイルーズあいの“愛”・ルーズ・Fight!』の第六回を聞いた。ファイルーズあいさんがラジオをやっている、って知ってからの行動は早かった。聞くために放送しているアプリ『音泉』をダウンロードした。それから現状聞くこと…

両目洞窟日記2020年10月13日(火) 『ゾゾゾ』、『メランコリーキッチン』、『アディダスのジャージ』

youtubeの心霊番組『ゾゾゾ』のセカンドシーズン第九回"静岡最恐スポット大突撃!廃ホテルで見つけてはいけないモノを見つけてしまった—。"を見た。 twitterで時折名前を見かけていた『ゾゾゾ』をたまに見ている。 ホラーは好きだけども、映画が中心だったの…

両目洞窟日記2020年10月12日(月) 『どうぶつの森の誕生日イベント』、『アンナチュラル#2 "死にたがりの手紙"』

母親が誕生日だったので、この日に届くようにAmazonで母がほしいと言っていた村上春樹の『村上T』を買っておいた。 『村上T』は村上春樹がこれまで買ったTシャツと、それについてのエッセイだそう。 母のプレゼントとして買ったけども、私も読んでみたい。村…

両目洞窟日記 2020年10月11日『ジェーン・ドウの解剖』『タイムマシーン3号単独ライブ"餅"』『アンナチュラル#1 "名前のない毒"』

『ジェーン・ドウの解剖』(監督 アンドレ・ウーヴレダル、脚本イアン・ゴールドバーグリチャード・ナイン) を見た!うわー!超怖えし、超おもしれー! あまりに面白かったから、見終わってしばらく興奮状態が止まらず。 遺体がどうやって死んだか、何故死…

虚構日記2020年9月15日(火曜日)"ショウダウン・イン・リトルトウキョー"

月に一度の精神科通院の日だった。 通い慣れていても精神科という言葉は未だにどきっとする。 だからリトルトウキョー精神科と呼ぶ。 全然リトルトウキョーでもないその精神科をリトルトウキョー精神科と呼ぶのは、ドルフ・ラングレンが昔出た映画のタイトル…

虚構日記2020年9月14日(月曜日)"ジェイコブス・ラダー"

この夏は結局ユニクロのオーバーサイズエアリズムコットンTシャツしか着ていない。 4色くらい買って、それを延々と着回し続けていた。 なんせ着心地が良すぎるし、オーバーサイズのTシャツが好みな私には願ったり叶ったりな状態だった。 もう夏は終わるが、…

虚構日記2020年9月13日(日曜日)"スピード・オブ・サウンド"

たくさん歩きたいという気持ちとたくさんラジオを聞きたいって気持ちを一気に叶えるために散歩しながら延々と国道沿いを歩いた。 高橋ひかるゲスト回のオードリーのオールナイトニッポンとアフター6ジャンクションの早見沙織さんのライブを聴き終わって、周…

虚構日記2020年9月12日(土曜日)"セオリー・オブ・リレイティビィティ"

久しぶりに友人と遊んだ。 最後にこうして誰かと会って遊ぶってことをしたのは緊急事態宣言が出る前の春だった。 未知のウィルスが蔓延して、春に緊急事態宣言が発令され、人々は地下の住居にこもって、私もその一人だった。 というわけで半年ぶりの地上はと…

虚構日記2020年9月11日(金曜日) "モンテカルロ・イリュージョン"

ベランダに出て洗濯物を取り込んでいたらQRコードみたいな形をした雲が漂っていたので試しにスマホをかざしたら阿部寛のホームページに飛ぶことができた。 弟に「阿部寛のホームページに飛べる雲が漂ってるよ」って言ったけども、振り返ったらもうその雲はな…

虚構日記2020年9月10日(木曜日) "スタンダード・ウォール・ペーパー"

水曜日に外出ーーー図書館に本を返しに行っただけーーーしたせいで、体調が悪いのが手にとるように自覚する。 肉体の疲れから体調が悪い時は大抵喉の渇きがひどくなっている。いくら水を飲んでも喉の渇きが改善されない。 喉の奥に砂漠があって、そこにいく…

虚構日記2020年9月9日(水曜日) "アンダーグラウンド"

久しぶりに体調が良い、というか軽い躁状態だったので行動力の化身。 なので2ヶ月借りっぱなしになっていた11冊の本を返すために図書館に行くことにした。 図書館に行くためには、15分ほど歩き、電車に乗り、それから地下鉄に乗らなければならなかった。 地…

虚構日記2020年9月8日(火曜日)

みなさんご存知のように、人間の中心部には夢を作るための原子炉のようなものがあるわけですが、それがメルトダウンしてしまった。 一瞬にして漏れ出る夢に包まれてしまった私は、夢の過剰摂取(ドリーム・オーヴァードーズ)で倒れてしまった。 夢の中で現実…

虚構日記2020年9月7日(月曜日)

起きているのか、寝ているのかさっぱりわからない。 霧が立ち込めている中を歩いているようだ、と思っていたら本当に霧が立ち込めていた。 前も後ろも右も左も白い闇。 身体の動きで、体がどちらを向いているのかはわかる。でも、私がどこを向いているのかは…

虚構日記2020年9月6日(日曜日)

月に何度かある鬱が酷くなる日が来てしまって、起きているだけで苦しい状態に。 とはいえ、やることがいくつかあったので、本を読んで脳を騙したり、イヤホンを耳に突っ込んでミッシェル・ガン・エレファントを大きめの音で流したり、すりおろしりんごを隠し…

虚構日記2020年9月5日(土曜日)

二週間ぶりに全身の毛を安全剃刀で剃った。 美脚になった。 しかしこの美脚を私以外は誰も知らないんだなと思うともったいないと思った。 世界に知らしめていきたい、この美脚を。 しかし、美脚界ではそれほど美脚ではないという評価がくだされるのだろう。 …

虚構日記2020年9月4日(金曜日)

夢のバルブが開きっぱなしで16時間くらい寝た。 11月末に試験を受けることにした。 ねこ基礎試験。国家試験だ。 問:ねこは愛でられる生き物である。 答え : × 解説:"愛でさせてもらう"が正しい。

虚構日記 2020年9月3日

本屋に取り置きしてもらっていた本をもらいにいった。 「取り置きの本をください」というと、店員がぴりっと空気が変わったのを感じた。 「外は雨降っていましたか?」と店員に聞かれたので「……小雨が少し」と状況を伝えた。 「じゃあ袋がいりますね」と言わ…

虚構日記2020年9月2日

エアコンが効いた部屋にいても、汗が止まらない。 体内の水道の元栓が壊れているみたいだ、と思っていたら冷蔵庫に「体の水道のトラブルを解決!」と水道屋のマグネット広告を貼っていたのを思い出して電話をした。 数時間後に業者が来て、私の体のパイプを…

虚構日記 2020年9月1日

依然として体調が悪いままだ。 なぜこれほどまでに体調が悪いのかと、悩んだ末に頭を切り開くことにした。 腕時計を分解する時に用いるような細いドライバーで、耳の裏やおでこにあるネジを外していって、頭カバーをぱかっと外して、頭の様子を鏡で見てみた…

虚構日記 2020年8月31日

虚構日記 2020年8月31日 3年半使っていた携帯電話が使い物にならなくなってきた。 私が使っている携帯電話は当時としては最新機種であった肩からベルトでぶら下げて、受話器をとって「もしもし」なんて言えるモデルである。 それを使ってSNS(ソーシャル・ネ…

30歳になりました。

30歳になってしまった。 なんて書くと胸の奥がきゅっと締め付けられるような思いになってしまう。 もうおじさんじゃん!って思って、わーっ!と走り出したい気持ちになる。 でも、どこに走っていいかわからなくて、私はぼんやりとするしかないのです。にして…

30歳になる前に『アイドルマスター』を見る。第三話『すべては一歩の勇気から』

第三話『すべては一歩の勇気から』 本当に30歳になるまでにアイドルマスターを見終えることができるのだろうか。 と日々不安になっている。すぐになんでもやります!なんて言ってできない悪い癖を持っていて、それを後悔し続けているような30歳だった。 私だ…

30歳になる前に『アイドルマスター』を見る。第二話『“準備”をはじめた少女たち』

30歳になるまでにアイドルマスターの2011年のTVアニメシリーズ版を見ようという企画を突然ぶち上げてしまったわけですが、早速後悔をしています。 アイマスを見るのは全然後悔していないのですが、ここのところやらなければいけないこと、やりたいことをめち…

30歳になる前に『アイドルマスター』を見る。第一話『これからが彼女たちのはじまり』

30歳になりかけている。20代はあっという間に過ぎてしまった。そしてやり残してしまったことも沢山ある。あれやこれや、もっとしておけば…と後悔もある。 でも、もしかしたら、まだ取り返せるものもあるんじゃないか? 30歳になるまでにまだ間に合うことって…

短編小説『きりえちゃんの脳内YOSHIKI、暴れまわって頚椎骨折』

1「網戸が外れやすいのは、外れやすく作っているからです。この絶妙なさじ加減が難しいのです。そもそも不思議だと思いませんか。沢山、本当に数え切れないほど、家はあって、網戸もあるのに、その全てがちゃんと外れやすいなんて」 高校時代、現代文の先生…