にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

6月3日~6月5日「東京観光」「ラーメン」「打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか」

6月3日 土曜日

仕事を終えてから東京に旅行に来ていた後輩と合流。
ちょろっと東京観光する。
とりあえずってことで新宿へ行き、新宿2丁目のラーメン屋「二丁目つけめんGACHI」でつけめんを食べる。
久しぶりに食べたけども濃厚でめちゃくちゃ美味しかった。
大盛りにしたら全部食べきれなかったくらい。
後輩とは近況の話の後はずっとくだらない話をしていた。連想ゲームのようにくだらないことをどんどん続けている話はここのところしてなかったなー。
最近見た一番おもしろかった映画は?の質問に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス』との回答にやっぱ最高だなと思った。

飯を食べた後は渋谷へ行き。街をぶらぶら。
街ぶらで渋谷を歩いてみると坂の多さにびっくりする。ほとんど坂だ。
そんな坂の途中に要塞のようなミキプルーンの本社を見つけてひとしきり笑った。
この要塞みたいなミキプルーンの本社、どうやって攻め込む?って考えるも、あらかたミキプルーン側に想定されているだろうとなってまたひとしきり笑った。

帰宅後、部屋の惨状を見かねた後輩が片付けてくれた。
東京まで来て先輩の部屋を片付けるってどんな聖人君子なんだって思うし、俺はどんなクズ野郎なんだと凹む。



6月4日 日曜日

後輩と東京観光。
上野へ行って上野動物園へ。
上野動物園。結構な広さにびっくり。
色んな動物を見た気がするけども、ほとんど動物に関係の無いくだらないことを言っていた記憶もある。
上野動物園でピクニックのようにレジャーシートをひいて団欒としている家族連れも多くて、せっつくように動物をみるんじゃなくて、動物もいる公園くらいな感じで立ち寄るのがいい場所なのかもしれない。

上野動物園のあとは国立科学博物館に行き大英自然博物館展を見た。
めちゃくちゃ良い展示だった。
僕は動物と自然史の知識があんまりにもなさすぎて後輩に教えてもらいながらずっと見てたんだけども、詳しい人に教えてもらうの本当おもしろいなあと思った。
僕が提供できる話はレディオヘッドのアーティスト写真の顔色が年々悪くなるって話くらいだ。
自然史の展示を見ていて、きっちりとした保存があまりに多く、雑な保存しかしない僕は歴史に残ることはないんだなあと感じた。
歴史に残るにはきっちりしなきゃいけないんだな。
でも今更きっちりもできないので歴史に残るには誰かに任せたい。僕は雑に生きたい。
あと、ボロボロの手帳や手記も公開されてたけども、こういうのやっぱいいなあ。
手帳もわざと汚したようなものも売ってあったらいいのに。
というか、次にほぼ日を買ったときは最初から汚し加工を入れてみたい。
わざとコーヒーとかこぼしてシミを作ってみたい。

大英自然博物館展が盛りだくさんで、最後の方は駆け足で。
見終わった後、秋葉原にいくことにして鶏王けいすけでラーメンを食べた。
で、手コキカラオケのスポンサーで有名なエムズに行き、何気なく後輩のそういう事情について聴いたらハードなパンチを心にくらい「うっ」となっているところに店内BGMでASIAN KUNG-FU GENERATIONの「新世紀のラブソング」が流れていてちょっと泣きそうになった。

後輩との東京観光凄く楽しかった。まるで4日分くらいの濃度であった。
またこういう日があればいいな。



6月5日 月曜日

ギターのピックを買う。念のために二枚。
ある事情で、近々またライブをすることになったのでギターを練習しなければならなくなったのだけども、そういうときに限ってピックをまたなくしていた。なので今度は二枚かっておく。準備に余念は無し。
しかしギターは下手だ。もう弾き始めて10年経つのに何の成長も無い。向いてないんだろうなと思いつつ、ライブは好きなので練習はちゃんとやる。しかし下手だ。あと記憶力もないのでちゃんと覚えれるか不安だ。


6月3日分のタマフルを聞く。シンリズムのスタジオライブがめちゃくちゃかっこよかった。ちょうどこの前見た『夜明け告げるルーのうた』のオープニングみたいなことをやっていた。若干19歳と聞いて「うおうおうお!」と1人部屋で叫ぶ。天才いるもんやなー。
宇多丸さんが「アメコミ映画ばっかりにメールが集まるのもどうかと思う」と苦言を呈していて、もっと色んな映画を見なきゃなと思う。
アメコミ映画が子供だ!なんて言いたくはないけども、幅広く色んなものを進んで見なきゃいけないなと思う。映画をただの快楽発生装置にするのはもったいないよなー。
といいつつも帰宅後Netflixで『ザ・レイド』のイコ・ウワイス主演の『ヘッドショット』を見始める。
痛々しいアクションの連発に「うおうおうおう!!」と1人部屋で叫ぶが、さっきの決意はどこにいったとなるものの、イコ・ウワイスの最新作は絶対に見なきゃいけないやつだ。ザ・レイドが心のベスト10に入り続けている僕にとってはイコ・ウワイス出演映画は確実に見る案件なんです。
しかしあまりに痛々しいアクションの連発に中断。
続きは翌日にする。

弟が『打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか』を見たと聞いてあわてて電話する。
そんで「あのシーンがエモかった、このシーンがエモかった」というのを聞く。
大変気に入ったみたいで嬉しかった。
あの映画を見た人はみんな夜のプールに一生取り憑かれてしまうのです。
そして「次に会えるのは二学期だね」と一生解けない呪いをかけられてしまうのです。

Forever Friends / REMEDIOS

forever friends | REMEDIOS

夏にあるアニメ版が楽しみ。本作の大ファンかつモテキ2話でオマージュを捧げまくってた大根仁が脚本なので相当なことになっていそう。