にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

両目洞窟人間のおすすめ自作短編集。

どうも、みなさまこんにちは、両目洞窟人間です。

f:id:gachahori:20190412032313j:image

↑両目洞窟人間近影。

 

私は短編小説を時折書いておりまして、時折このブログ「にゃんこのいけにえ」にアップしています。しかし、ブログの性質上、どんどん潜ってしまいせっかく書いたのに埋もれてしまってやきもき。

というわけで今まで書いたやつでおすすめなやつをこのページにまとめておこうと思います。

いわゆるおすすめ自作短編集ってやつです。

ではいきましょう。

 

 

短編小説『世界を燃やしてほしかった』 - にゃんこのいけにえ

『世界を燃やして欲しかった』

あるどこにでもいる夫婦。でも二人には敗れた夢があって…。

あるバンドのある曲にオマージュを捧げた作品です。(小説の最後にyoutubeのリンクを乗っけているのがネタバラシ部分)

だいぶ初期に書いた作品ですが、未だに評判が良いです。

 

短編小説『The victim』 - にゃんこのいけにえ

『The victim』

奇病かつ難病にかかってしまった女性の話。生きづらさが最大限に高まっていた時に書いた短編小説です。

 

短編小説「岸田くんの小指を潰したい」 - にゃんこのいけにえ

『岸田くんの小指を潰したい』

こんなタイトルですが恋愛小説です。恋人の小指を潰したい女の子の話です。私自身恋愛というものがあんまりわかっておらず、愛ってなんだろうな…ってのを突き詰めた結果、小指を潰すという話になりました。こんなあらすじですがいい話です。

 

短編小説『ダンボール箱のさとこさん』 - にゃんこのいけにえ

ダンボール箱のさとこさん』

突然ダンボールをかぶって出社してきたさとこさんとそれを見守る若手社員の話です。これも生きづらいって気持ちの時に書きました。ダンボール箱をかぶったさとこさんのビジュアルが評判で結構この作品が好きって言ってくださる人も多いです。これもなんだかんだでいい話です。

 

短編小説『あの子は象牙の橋から飛び降りた』 - にゃんこのいけにえ

『あの子は象牙の橋から飛び降りた』

象牙の橋がある街に住む不登校の女の子の話です。後輩曰く、これが一番好きだそうです。雰囲気がね、よいですね、これは。僕も好きです。これもいい話ですね。

 

短編小説『2147年のスーベニア』 - にゃんこのいけにえ

『2147年のスーベニア』

荒廃した未来で、旧奈良に旅行に行くカップルの話です。これが一番好きっていう人も多いです。のんびりディストピアSFもしくはディストピア日常系。これも雰囲気が、よいですね。僕も大好きです。

 

短編小説『未来人、ニュータウンへ』 - にゃんこのいけにえ

『未来人、ニュータウンへ』

彼女に別れを切り出そうとしたら、彼女が実は未来人だったというお話です。これが一番好きという声もよく聞きます。こんな出だしですが、めちゃめちゃよい話です。「こんな話を無料で読めて申し訳ない」という感想をいただきました。なんて恐れ多い。手っ取り早く素敵な話が読みたい方はこれがおすすめです。

 

短編小説『笑いながら、へんな歌って言った。』 - にゃんこのいけにえ

『笑いながら、へんな歌って言った』

ナンバーガールを軸に、後輩男子と先輩女子との恋とも愛ともつかない関係性の話です。不器用な人に刺さる話みたいです。これも評判がいいです。『iggy pop funclub』を聴きながら読むともっとよいです。

 

短編小説『マッドサイエンティストになれなかった』 - にゃんこのいけにえ

マッドサイエンティストになれなかった』

学校に馴染めない女の子がマッドサイエンティストになろうと夢見る話です。個人的には思い入れが物凄くある小説ですが、同時にとてもバランスが悪いのも事実。とはいえ、これも刺さる人には刺さるみたいです。個人的な生きづらさシリーズの中で一旦の頂点を迎えた小説です。

 

短編小説『ランプ・妖精・ミルクフランス』 - にゃんこのいけにえ

『ランプ・妖精・ミルクフランス』

突然、妖精さんが見えるようになった女性が、妖精さんに導かれるままに神戸に行く話です。

一皮向けた!と言われるようになった作品です。これが好きって人も多いです。はっきりとした希望が描かれているので、初めて読むならこれがおすすめです。

 

短編小説『アイム(ノット)ミー』 - にゃんこのいけにえ

『アイム(ノット)ミー』

私という一人称に悩む女性の話です。これはめちゃくちゃ評判がいいです。"名文"という評価もいただきました。これを書いたあと、しばらく抜け殻になってしまったほど、自分の中でも初めて「書けた!」と思えた作品です。

これも素直におすすめしたい作品です。

 

短編小説『私じゃ、魔女になれない』 - にゃんこのいけにえ

『私じゃ魔女になれない』

外回り中の女性が魔法のステッキをたまたま拾ってしまったらゴスロリ魔法少女コスチュームが脱げなくなってしまったという話です。

賛否両論を呼んだ話です。個人的にはめっちゃ大好きなのですが、これはおすすめしづらい。

ただ、このグルーヴ感、後半のグロ展開は大好きなのです。多分、好きな人は好きなはず。

 

短編小説『ハローワールド!!!』 - にゃんこのいけにえ

『ハローワールド!!!』

壊れたキティちゃんのポップコーンマシーンみたいな歌声を持つ女の子が音楽に出会う話です。キラキラした青春ものです。個人的にめちゃくちゃお気に入りな話です。キラキラ青春ものなので、キラキラしたいなーって時に読んでいただけると幸いです。

 

どてらねこのまち子さん『Also sprach Zarathustra』 - にゃんこのいけにえ

どてらねこのまち子さん『Also sprach Zarathustra』

私が書いているどてらねこのまち子さんというシリーズの一作。基本的にはどてらを着たねこのまち子さんがあちこち行くという話ですが、この『Also sprach Zarathustra』はまち子さんシリーズの中でも一番評判がよいです。

内容はまち子さんがドトール哲学書を読んでいると……という話。多分、思いもよらぬ展開になります。

基本的に1話完結ですので、これから読んで大丈夫です。

 

 

以上の作品がおすすめ作品になります。

何か気になったタイトル、あらすじ、気の迷いがあれば、読んでいただけたら幸いです。

進捗日記 2019年4月17日

朝9時に起きることが成功した私は、陽の光を浴びるついでに缶コーヒーを買いに行き、家に帰ってきてそれを飲んだ。

ごくごく飲み干した後、起き続けるために読書をする。アンソニー・ボーデインの『キッチン・コンフィデンシャル』と村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル 第2部』を二つ手元に置いて、片方を読んで、飽きたらもう片方を読んだ。そうすれば、永久に読書ができることに気がついた(すぐに永久とか言ってしまうのは子供っぽいということに早く気がつくべきだ)。

これを読書の味変と呼びたい。

 

昼食後、少し昼寝を決めてしまう。

カービィが夢の中に出てきた。夢の中でカービィは眼鏡をかけていて、分かれ道に立っていた。

「右と左どっちに行く?」と私に聞いた。

どっちを答えたかは起きた時には忘れてしまっていた。

 

もともとは神保町でも行って、母にあげるようの本を探すつもりだったのだけども、体調といい精神といい少しダウナーであったので行くのは諦めた。今読んでいるアンソニー・ボーデインさんの本だと「病欠する料理人なんかいらねえ」ってことなので、私は料理人にはなれないと思う。

代わりにいつものように隣の駅のドトールへ。

脚本でも書こうと思うけども、意欲が湧かず。

引き続き読書。

読書をやめると一気に気持ちがダウナーになるので、気落ちしないためにも読書を続けるしかないという状況に陥る。本を閉じるたびに気持ちが落ちていく。なので本を開かないといけない。この状況を使ったソリッド・シチュエーション・スリラーがあったらいいな。

カラマーゾフの兄弟を手渡されて、読み終わるまでは解放されない…。読書 or DIEな状況にブッ込まれるホラー映画。

しかし、読書を映画的に描くってのは難しそうだ。絵が地味。

あとソリッド・シチュエーション・スリラーはもう流行っていない。

今のホラー映画のブームは一体なんなのだろう。

大きなブーム自体、今はないのかな。

 

 

デニーズに行っ晩御飯を食べる。いいハンバーグを食べたかったが、高かったので、普通のハンバーグとご飯、合計で1000円以内になるように抑える。いいハンバーグが食べられるくらいの金銭的余裕が欲しい。少なくともデニーズくらいでは。

 

相変わらず何もしてないと気落ちし続けてるので『ねじまき鳥クロニクル 第2部』を読み続けていたら読み切ってしまった。

妻の失踪がきっかけで世界がゆっくりと壊れていく。いや既に壊れていたのか?深い井戸の底で暗闇につつまれ、人々は世界の向こう側へ次々と消えていく。セックスと暴力、縄梯子と空腹。ねじまき鳥は世界のネジを巻くことができるのだろうか?

めちゃくちゃ面白いんだけども、なんでこれが面白いのかさっぱり説明できない。

でも惰性で読んでるということは一切ないし、とにかく続きが気になって気になって仕方ない。なんだこの本は。なんでこんなものが書けるんだ。

「わからない。」と劇中の僕のように独り言を言うしかない。

ついに最後の巻である第3部を読むのが今から楽しみ。

 

 

帰宅後、体調悪いしめんどくさいなって思いながらもスクワットを100回やった。あとプラス50回をやる元気まではなかった。

 

今日、鏡で自分の姿をふと見た時に「あっ、ジーンズを買おう」という気分になった。なぜそう思ったか、説明はできないけども、そう思ってしまった。ので、近々ジーンズを買いに行きたい。服を買いたいと思うのなんて久しぶりだ。思えば、冬はセーターと250円のコートしか買わなかった。

セーターもふと鏡を見た時に「あっ、セーター買わなきゃ」って思ったのだった。鏡を見ると、何かが足りないって思ってしまうのかもしれない。私は何が足りないんだろう?

 

昨日、母と話した「人生に勢いがない」というのがやっぱり引っかかっている。勢いのない人生を送っているなと思う。しかしこっから、どうやったら人生のアクセルを踏めるかがわからないのだ。

わからない。ということが多すぎる。わかろうとしてないのか?考えようとしてないのか?

それすらもわからない。

というふうに、読書をしていないと無限の頭脳迷宮に入り込んでしまって気落ちしてしまうので、日記を書くのもそろそろやめて、読書に戻ろうと思う。

 

 

今日の写真。

f:id:gachahori:20190417231926j:image

f:id:gachahori:20190417231948j:image
f:id:gachahori:20190417231951j:image

 

進捗日記 2019年4月16日

今朝も9時に起きることに成功。あざっした。

陽の光を浴びるついでに缶コーヒーを買いに行って、家で飲みながら、今日は『21世紀ホラー映画クロニクル』を読んだ。

f:id:gachahori:20190416231030j:image

昼頃まで黙々と読んでいたら血と暴力と臓物な気持ちになってしまった。一気にホラー映画の情報を仕入れると食傷気味になってしまうことがわかった。

色々見たいホラー映画が増えた。とりあえずジェームズ・ガンが脚本とプロデュースの『サラリーマン・バトルロワイヤル』が見たい。

霊幻道士』が久しぶりに見たくなった。途中、警官が逃げたキョンシーを捜索しに山に行って、見つけた洞穴の中に入ったら、中からゴリラが出てきてみんな逃げるっていう本編には一ミリも関係ないシーンが最高に好きです。

霊幻道士』はアクションのキレが半端ないのもめっちゃ驚いた。てっきりコメディだと思ってたらオープニングからすっごいアクションで始まるのです。あれにはわくわくしたなあ。あっちこっちにふらふら行ってしまう話運びも当時の香港映画っぽくて好きだった。

まあ、1しか見てないので後のシリーズがどうなってるかは全く知らないけども…。

 

あと白石晃士作品も久しぶりに見たくなった。最近のすっごい出世してからの作品は見れてないんだよな…コワすぎ!の続編はいつになるんだろう。

 

お昼ご飯に麻婆豆腐を作って、ご飯の上にかけて麻婆丼にして食べた。辛くて、あんまり美味しくなかった。四川風が苦手だったこと忘れてた。

昼頃、少しだけ昼寝をかましてしまうも、14時にはちゃんと目が覚めたのでセーフ。

 

TSUTAYAへ行った。友人に勧められた『ぼくの名前はズッキーニ』を借りた。それから『アイ、トーニャ』と『フロリダ・プロジェクト』も。あんまり借りすぎて見れないのも嫌なので3本で止めておく。そういえば今月は映画を見ていません。久しぶりに見るのがこの3本になりそう。

 

ドトールへ行って村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』第1部を読み終える。

f:id:gachahori:20190416231747j:image

第1部だとこれから話がどこへ転がっていくのかさっぱりわからない。奇妙な人々に、謎の数々。時折挟まる長話と、目を背けたくなるような拷問。異質、だけどもとにかく面白い。続きが気になる。

 

脚本を書く気力が全然わかないので、続けて読書。

アンソニー・ボーデインの『キッチン・コンフィデンシャル』を読む。

中学か高校の時に一度買っていたけども、当時は読みきれなかった。久しぶりに読むととにかく面白い!飲食業界の裏話の数々が面白いってのもあるけども、それ以上に今回読んでいて興奮したのはアンソニー・ボーデインさんの書く文章の切れ味の良さ。

村上春樹のエッセイの文章が「いい声のラジオパーソナリティ」だとしたら、アンソニー・ボーデインさんは「喋りの達者な悪いおじさん」って感じ。とにかく繰り出される悪いエピソードと悪いジョーク、そして時折挟まれるいい言葉にやっぱり聞き惚れてしまうのだ。

というわけで気がついたら100ページほど読んでしまっていた。

アンソニー・ボーデインさんは今どうしているんだろう?って調べたら、昨年自殺していたことがわかってショックを受ける。この本からはそんな気配は一切ないのに……。20年近く前に書かれた本だとはいえ、しかしショック。

 

母と電話。

親戚は全国へ講演に行ってたり、従兄弟は結婚して子供が出来たりと勢いが凄いのにそれに引き換え我々には勢いがなさすぎでは!?と悩む。

勢いがある人生、送りたいものですね。

 

今日はめんどくさかったのでスクワットの新記録は目指さず100回まで。休憩なしで100回連続で出来るようになった。回数増やしていくよりも、100回を毎日やる方がちょうどいいのでは?と思ったりした。正解がわからない。そもそも正解なんてないのかもしれない。そんな曖昧な世界に私たちは生きているのです。

 

今日の写真。

f:id:gachahori:20190416233340j:image
f:id:gachahori:20190416233344j:image
f:id:gachahori:20190416233335j:image
f:id:gachahori:20190416233348j:image

 

 

進捗日記 2019年4月15日

昨日は睡眠薬を飲んだのもあってよく眠れた。

9時に目を覚ますのに成功して、陽を浴びるついでに自販機まで缶コーヒーを買いに行って、家でコーヒーを飲みながら昼まで村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』を読むという文化的な生活をやる。今日は途中で寝ることもなく、ちゃんと起き続ける。普段は二度寝上等って感じなのです。

ちゃんと9時起き+起き続けるのが成功してよかった。ただ一日だけ成功しても意味がないので、これを習慣化できればと思う。いや、毎日村上春樹を読むってわけじゃなくて、ちゃんと9時に起きて二度寝決めるわけじゃなく、ちゃんと起き続けるということです。

でなんで昼まで家にいるかといえばお昼ご飯を家で食べたら節約になるやんって理由でございます。というわけで今日も昼まで家にいた。お昼ももぐもぐ食べた。節約できるところから節約していきたい。

 

スクワット140回(90回+50回)をやる。足に筋肉がついてきた気がして嬉しい。

 

昼頃、外に出て一駅先へ行く。

図書館に本を返して、別冊映画秘宝のホラー映画特集の本とアンソニー・ボーディンの『キッチン・コンフィデンシャル』を借りた。『キッチン・コンフィデンシャル』は中学か高校の時に文庫を買ったけども紛失してしまったし、また読みたいと思ったので借りることにした。今読んでる『ねじまき鳥クロニクル』の合間に読んでいこうと思う。読書の気分転換に読書をする事で永続的に読書ができるというシステム。

 

ガス代と水道代を支払う。ちゃんと生活をしているという気分になる。

 

それからいつものようにドトールにこもる。

借りてきた本をペラペラと読んだり、『ねじまき鳥クロニクル』の続きを読んだり、脚本の続きを書いたりする。

よく作家さんが物語を書いてるとキャラクターが自然と動き出すというけども、脚本を書いていたら登場人物が「文化祭でクラスTシャツを作ろうって言う奴らはやばい」って話を嬉々としてし始めて戸惑ってしまった。私にはそんな尖った思想はない。登場人物が作者の代弁だと思ったら大間違いだ。

 

6000字まで書く。

書いていくうちにどんどんと何かが見えてきたような、見えてないような。

無駄話しかしていない脚本なんだけども、それを通して何かを表現できたら…何かってなんだよって話だけども。それを言葉にならないものを最終的に受け取る作品が好きなので、そういうものを自分も作れたらと思う…。頼む…!作りてえ…!

 

 

夜、東京大学に潜入する。

f:id:gachahori:20190415235727j:image
f:id:gachahori:20190415235723j:image
f:id:gachahori:20190415235718j:image
f:id:gachahori:20190415235731j:image

 

学食でお酒を飲んだり、いろんな話を聞いたり、戸川純の話をしたり、森達也放送禁止歌の話をしたりする。とても楽しい夜でした。話し足りない…!!と思える会はとてもいい会だと思うのです。

進捗日記 2019年4月14日『村上春樹 雑文集』『昨日の世界』

朝まで寝たぞー!な感覚とともに起きたら2時間しか寝てなかった。そんなことってありませんか。そんなことがありました。

2時に目が覚めて、それもぎんぎんに目が覚めて、寝られないなーとなったので『村上春樹 雑文集』を読み始める。

f:id:gachahori:20190414233930j:image

すると面白いのでするすると読んでしまい気がついたら朝の8時。読み切ってしまった…。

文章や文体を声とするならば、村上春樹のそれはめちゃくちゃ声の良いラジオパーソナリティって感じで、『雑文集』は言うなればその声の良いラジオパーソナリティによるめちゃくちゃ面白いフリートーク集って趣のものであった。

ゲストとのトーク回もあれば、論評をする回もありゃ、変な小話をする回もあれば、小説について真摯に語る回もある。それが饒舌に、そしていやらしくのない語り口で、すらすらと語られる。まるでラジオを聴いてるような心地よさが満ちた本で、だからどんどん読めたし、気がついたら朝になっていたのだと思う。

とても好きな本だった。また眠れない夜に読み返したい、というか聞き返したい本だった。

 

8時を過ぎても眠れないので、もう少しで読み終わりそうだったシュテファン・ツヴァイクの『昨日の世界』を読み始めたらこちらは仰々しい語り口なのでカロリーにやられてやっと眠気が。

寝る。すると昨日の世界がちょうど国を追われるユダヤ人のあたりを読んでいたのもあって、国を追われるユダヤ人の夢を見てしまった、1時間で飛び起きてしまった。

結局、眠らないので読み進めることに。そうしてるうちに読み終わってしまった。

というわけでシュテファン・ツヴァイクの『昨日の世界』ですが、めちゃくちゃ凄い本だった。

f:id:gachahori:20190414234004j:image

19世紀末から始まるある作家の回顧録なんだけども、それはそのままヨーロッパの回顧録でもある。つまりは第一次世界大戦第二次世界大戦によってこの世から消え去ってしまった『昨日の世界』についての回顧録だ。

華やかで教養主義で文化に満ちたヨーロッパの世界が上巻の9割を使って語られる。読んでいる方もうきうきするような描写に満ちてる。

しかし、突如と始まった第一次世界大戦によってその世界は消え去る。

そしてヒトラーの台頭。

少しだけでも生き延びようとしていた文化の芽すらも、刈り取られていく…。

この本に影響を受けて作られた映画がウェス・アンダーソンの『グランド・ブダペスト・ホテル』だ。

華やかな世界が一転する感覚はたしかにこの小説に影響を受けていると思った。急転直下に全てが消え去るその感覚に読み終わった後、しばらく呆然としてしまったほどだ。

街で読んでいたら、ふらふらと彷徨っていたに違いない。グランド・ブダペスト・ホテルを見終わった直後がそうであったように。

現状、手に入りづらい本であるけども、とてつもない凄い本であった。本当におすすめ。

 

気がついたら昼。

外に出て、ブックオフへ。空前の村上春樹ブームが来ているので『ねじまき鳥クロニクル』の全3巻を買う。108円コーナーで全て手に入ってほくほく。

読みながら移動。100ページほど読んだけども、まだ謎謎謎。でもめちゃくちゃ面白い。

 

中目黒に着いて、ドトールへ。

別に上演する予定があるわけでもない脚本を書く。最初は悩むけどもビーチボーイズを聴いていたらふとはじめのセリフが思いつき、それから結構すらすらと、そして楽しく書けた。

会話がすらすらと出てきて気持ち良い。しかし、まだこれがどういうことを語りたいのかが漠然としている。5000字書いたけどもまだ見えてきそうで見えてこない。あー!これが書きたかったのかー!となりたいし、なってほしい。

とりあえず5000字で止める。明日も書く。

 

18時前に友人と合流。ご飯を食べて、スタバに行き、それから目黒川の花見をした。

しかしだいぶ、葉桜。桜の季節は過ぎてしまったみたいだった。しかし、要所要所ですごく綺麗な瞬間があったりして、来てよかったと思う。

f:id:gachahori:20190414233758j:image
f:id:gachahori:20190414233748j:image
f:id:gachahori:20190414233802j:image
f:id:gachahori:20190414233741j:image

 

その後、目黒から品川まで歩く。延々とくだらないことを喋ったりする。くだらないことを喋ってる間が本当幸せだなー。

f:id:gachahori:20190414233903j:image

f:id:gachahori:20190414233858j:image
f:id:gachahori:20190414233853j:image
f:id:gachahori:20190414233849j:image

 

髪型を褒められて嬉しかった。結構気に入ってる髪型なのです。

 

 

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)

 

 

 

昨日の世界〈1〉 (みすずライブラリー)

昨日の世界〈1〉 (みすずライブラリー)

 
昨日の世界〈2〉 (みすずライブラリー)

昨日の世界〈2〉 (みすずライブラリー)