にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

両目洞窟人間のおすすめ自作短編集。

どうも、みなさまこんにちは、両目洞窟人間です。

f:id:gachahori:20190412032313j:image

↑両目洞窟人間近影。

 

私は短編小説を時折書いておりまして、時折このブログ「にゃんこのいけにえ」にアップしています。しかし、ブログの性質上、どんどん潜ってしまいせっかく書いたのに埋もれてしまってやきもき。

というわけで今まで書いたやつでおすすめなやつをこのページにまとめておこうと思います。

いわゆるおすすめ自作短編集ってやつです。

ではいきましょう。

 

 

短編小説『世界を燃やしてほしかった』 - にゃんこのいけにえ

『世界を燃やして欲しかった』

あるどこにでもいる夫婦。でも二人には敗れた夢があって…。

あるバンドのある曲にオマージュを捧げた作品です。(小説の最後にyoutubeのリンクを乗っけているのがネタバラシ部分)

だいぶ初期に書いた作品ですが、未だに評判が良いです。

 

短編小説『The victim』 - にゃんこのいけにえ

『The victim』

奇病かつ難病にかかってしまった女性の話。生きづらさが最大限に高まっていた時に書いた短編小説です。

 

短編小説「岸田くんの小指を潰したい」 - にゃんこのいけにえ

『岸田くんの小指を潰したい』

こんなタイトルですが恋愛小説です。恋人の小指を潰したい女の子の話です。私自身恋愛というものがあんまりわかっておらず、愛ってなんだろうな…ってのを突き詰めた結果、小指を潰すという話になりました。こんなあらすじですがいい話です。

 

短編小説『ダンボール箱のさとこさん』 - にゃんこのいけにえ

ダンボール箱のさとこさん』

突然ダンボールをかぶって出社してきたさとこさんとそれを見守る若手社員の話です。これも生きづらいって気持ちの時に書きました。ダンボール箱をかぶったさとこさんのビジュアルが評判で結構この作品が好きって言ってくださる人も多いです。これもなんだかんだでいい話です。

 

短編小説『あの子は象牙の橋から飛び降りた』 - にゃんこのいけにえ

『あの子は象牙の橋から飛び降りた』

象牙の橋がある街に住む不登校の女の子の話です。後輩曰く、これが一番好きだそうです。雰囲気がね、よいですね、これは。僕も好きです。これもいい話ですね。

 

短編小説『2147年のスーベニア』 - にゃんこのいけにえ

『2147年のスーベニア』

荒廃した未来で、旧奈良に旅行に行くカップルの話です。これが一番好きっていう人も多いです。のんびりディストピアSFもしくはディストピア日常系。これも雰囲気が、よいですね。僕も大好きです。

 

短編小説『未来人、ニュータウンへ』 - にゃんこのいけにえ

『未来人、ニュータウンへ』

彼女に別れを切り出そうとしたら、彼女が実は未来人だったというお話です。これが一番好きという声もよく聞きます。こんな出だしですが、めちゃめちゃよい話です。「こんな話を無料で読めて申し訳ない」という感想をいただきました。なんて恐れ多い。手っ取り早く素敵な話が読みたい方はこれがおすすめです。

 

短編小説『笑いながら、へんな歌って言った。』 - にゃんこのいけにえ

『笑いながら、へんな歌って言った』

ナンバーガールを軸に、後輩男子と先輩女子との恋とも愛ともつかない関係性の話です。不器用な人に刺さる話みたいです。これも評判がいいです。『iggy pop funclub』を聴きながら読むともっとよいです。

 

短編小説『マッドサイエンティストになれなかった』 - にゃんこのいけにえ

マッドサイエンティストになれなかった』

学校に馴染めない女の子がマッドサイエンティストになろうと夢見る話です。個人的には思い入れが物凄くある小説ですが、同時にとてもバランスが悪いのも事実。とはいえ、これも刺さる人には刺さるみたいです。個人的な生きづらさシリーズの中で一旦の頂点を迎えた小説です。

 

短編小説『ランプ・妖精・ミルクフランス』 - にゃんこのいけにえ

『ランプ・妖精・ミルクフランス』

突然、妖精さんが見えるようになった女性が、妖精さんに導かれるままに神戸に行く話です。

一皮向けた!と言われるようになった作品です。これが好きって人も多いです。はっきりとした希望が描かれているので、初めて読むならこれがおすすめです。

 

短編小説『アイム(ノット)ミー』 - にゃんこのいけにえ

『アイム(ノット)ミー』

私という一人称に悩む女性の話です。これはめちゃくちゃ評判がいいです。"名文"という評価もいただきました。これを書いたあと、しばらく抜け殻になってしまったほど、自分の中でも初めて「書けた!」と思えた作品です。

これも素直におすすめしたい作品です。

 

短編小説『私じゃ、魔女になれない』 - にゃんこのいけにえ

『私じゃ魔女になれない』

外回り中の女性が魔法のステッキをたまたま拾ってしまったらゴスロリ魔法少女コスチュームが脱げなくなってしまったという話です。

賛否両論を呼んだ話です。個人的にはめっちゃ大好きなのですが、これはおすすめしづらい。

ただ、このグルーヴ感、後半のグロ展開は大好きなのです。多分、好きな人は好きなはず。

 

短編小説『ハローワールド!!!』 - にゃんこのいけにえ

『ハローワールド!!!』

壊れたキティちゃんのポップコーンマシーンみたいな歌声を持つ女の子が音楽に出会う話です。キラキラした青春ものです。個人的にめちゃくちゃお気に入りな話です。キラキラ青春ものなので、キラキラしたいなーって時に読んでいただけると幸いです。

 

どてらねこのまち子さん『Also sprach Zarathustra』 - にゃんこのいけにえ

どてらねこのまち子さん『Also sprach Zarathustra』

私が書いているどてらねこのまち子さんというシリーズの一作。基本的にはどてらを着たねこのまち子さんがあちこち行くという話ですが、この『Also sprach Zarathustra』はまち子さんシリーズの中でも一番評判がよいです。

内容はまち子さんがドトール哲学書を読んでいると……という話。多分、思いもよらぬ展開になります。

基本的に1話完結ですので、これから読んで大丈夫です。

 

 

以上の作品がおすすめ作品になります。

何か気になったタイトル、あらすじ、気の迷いがあれば、読んでいただけたら幸いです。

マルチ商法を誘ってきたクラスメイトはFacebookで幸せアピールまき散らしてる。

発達障害だから〜なんて言いたくないんだけども「これを持っていってお願いね〜」と母からお願いされていた荷物を、直前まで覚えていたのに気がついたら忘れてしまっていて、それに気がついた母が激怒っすわ。

まじでやってられないなあ…と、私が思う事じゃなくて母が思ってることだと思うけども、それでもやってられない。

何がって、さっきまで覚えていたのに簡単に忘れちゃう自分の脳みそにやってられなくなるし、もうなんつうか、なんつうかだよ(この言い回したまに、というかよく出てくるな)

 

先日、テレビで発達障害特集!なんてやってたけども、はちゃめちゃに絵画の天才の子供が出てきていて、私はそれだけで悲しくなったのだった。

発達障害特集!だなんて言っても結局のところ、天才じゃねえと表舞台には出させてもらえないのだ。

 

障害者雇用で仕事を一通り探したけども、殆どが前職よりもはっきりいって給与額は下がるそうで、それも悲しくなったりした。

働かせてもらうだけありがたいと思えってことなんだろうか。

お前らみたいな能力の低い人たちを雇うのだから、お金はこれくらいでいいでしょってことなんだろうか。

それともただの被害妄想なんだろうか。そうなんだと思いたい。

 

ただ、普通の人としてやっていきたかっただけなんだけどなー。

なんでこうなったんだろう?

なんでこうなっちゃったんだろう。

人からたくさんバカにされてきて、怒号が飛び交う家で育ってきて、それなりに頑張ってきて、その結果が29歳無職鬱病発達障害男性ってなんやそれ。

 

ただ普通になりたかった。

普通になりたかったんや。

普通の人生を送りたかったんや。

普通の幸せってのを手に入れたかったんや。

でも、足掻いて足掻いての結果私はこんな場所にいる。

どうやらまだまだ足掻かないといけないらしいです。

そうじゃないと駄目なんだってさ。

 

絶望だけはせずになんとか頑張ろうなんて思ってたけども、ひねくれることだけはなんとかないように頑張ってきたけども、まだ頑張らないといけんかーと途方にくれてます。

 

こんなことなら、もっと怒っておけばよかった。ヘラヘラなんかしなきゃよかった。ひねくれればよかった。嫌われることたくさんすればよかった。

まっとうに生きようとしただけなのに、人にダメだと烙印を押されるくらいなら、もっとたくさんやっちゃいけないことをやればよかった。

 

耐えられないなあと思っても死ぬのは怖いし、死ぬつもりもないし。

だから延々とただただ続くだけー。

これが延々と続くだけー。

 

ただそれだけのことです。

それがたまにたまらなくつらくなります。

『ファイヤー・イン・パラダイス』を見た!

Netflixで11月1日から配信になったドキュメンタリー『ファイヤー・イン・パラダイス』を見た。

 

f:id:gachahori:20191102185546j:image

 

めちゃくちゃに恐ろしいドキュメンタリー映画であると同時に不謹慎な言い方だが、あまりにも恐ろしいディザスター映画でもある。

なんせ街一つが山火事で焼失するという話なのだ。いや、話じゃない、事実だ。

この事実を、この映画では当時の映像と生存者のインタビューを交えた構成で伝えてくる。

いかにして、山火事が発生して、あっという間に街が焼失したのかを。

 

f:id:gachahori:20191102185943j:image

 

映画の始まりは"その日"の直前から始まる。

場所はカリフォルニア州の人口約2万人の街パラダイス。

そこで暮らす人々の映像から始まる。

何気ない日々。

そしてそれは続くものだと思われていた。

天気予報も「乾燥が続きます。注意してください」くらいのことしか言わない。

 

その日は突然始まる。

朝7時。

その山火事は発生した。

そしてその火事は瞬く間に広がっていく。

最初は「いつもの山火事だろう」と思っていた人々もいる。

しかしそのスピードは恐ろしく早く、気がつけば街の側までやってくる。

そして救助を求める電話が鳴り響く。

「裏庭が燃えている」

 

空は瞬く間に煙に覆われる。朝だと言うのに日の光は一切入ってこない。まるで夜のような暗さだ。

しかしその一方であちこちで火の手があがっている。

小学校にも煙が入ってくる。

子供達を避難させるためにスクールバスに乗せる。

人々は車で逃げようとする。

しかしその数はあまりに多くあっという間に渋滞が出来上がる。

煙に包まれ、あちこちが燃え盛る中、車は動かない。どこにも逃げることができない。

 

f:id:gachahori:20191102190641j:image

 

スクールバスの中にも煙が入ってくる。

その煙の中、酸欠ゆえに"眠たくなる"子供達。

バスの運転手は自身のシャツを破って簡易なマスクを作る。

バスの中に一本しかなかったペットボトルの水でその布を濡らしていく。

一緒にバスに乗っていた先生は心の中で祈る。

「もし、死ぬとしたらせめて窒息死で死ねることを」

 

50メートルもの高さの火が人々に迫る。

車で逃げることが不可能であると分かった警官たちは人々に車を捨てるように言う。

でも逃げる場所はどこにもない。

大きめの駐車場に人々を集める。

火が迫る。

消火活動をしていた消防士は消火を諦め、近くにあった建物の扉を壊して、その中に人々を入れる。

その時、裏手にあったプロパンガスに引火する。

カメラはその時の音を収録している。

まるで戦場かのように爆発音が断続的に響く。

 

炎でできた竜巻が見える。

お婆さんはまるで「聖書に出てきた黙示録のようだ」と言う。

ある警官は避難民をパトカーに乗せる。

しかし火の手に囲まれる。

必死の決意で炎で覆われた道路を猛スピードで突っ切る。

 

それは全てあっという間の出来事だった。

あっという間に、街は消えてしまった。

 

f:id:gachahori:20191102191431j:image

 

1万以上の建物が焼失した。

死者は88人。

そして行方不明者は1000人にもなるという。

足が不自由だという友人の家を訪ねる人が現れる。

彼が回すカメラには車の中で亡くなったその友人の姿を写す。

生き延びた先生はパラダイスにあった街を訪ねる。

教室はすっかり焼け爛れている。

子供達の絵も灰になってしまっている。

 

別の街に避難している子供達は不安を訴えている。

子供達が描く絵には「火事の前後」を示すものがある。

そこには街が一瞬にして消えてしまったことを描いたものがある。

 

一瞬にして職も家も失った人も少なくない。

多くの人が未だに避難生活を余儀なくされている。

警官は語る。「元の生活を取り戻すのは大変だろう」と。

 

カリフォルニアでは山火事が多発している。

その度に消防士は「未曾有」だと語ってきた。

「未曾有」が当たり前になってはいけないと語る。

原因は環境破壊にあることを指摘する。

 

近年、日本でも大きな災害が続く。

明らかにそれは酷くなっている。

そしてそれが毎年のように当たり前に起こる。

しかしこれを当たり前にしてはいけない。

 

このドキュメンタリーは遠いカリフォルニアのパラダイスで起こった出来事だ。

しかし、これを他人事だと見ることはできない。

このような災害はいつか私たちの身にも起こる。いや、すでに起こっている。日本中の至る所で、世界中の至る所で。

どれだけ個人レベルで備えなんかしていても、どうしようもないようなことが既に起こっている。

もうそれは既に起こっているのだ。

両目洞窟人間のウィークポイント・シャッフル

書きたいことは何もないんだけども、文章を書いておかないといざという時に書けない気がして、とりあえず手を動かしている。

いや、本当書きたいことはなんもなくて、さっきから「書こうかなー」と思いながらトロとパズルをやったり、HASAMI groupの「夢の泡立ち」を延々と聞いたり、テレビで石田ゆり子荒井由実の「卒業写真」を歌ったりするのを聞いたりしていました。

書きたいことはなんもない。

まじでなんもない。

頭の中ってものを可視化できるのならば、私の頭の中はまじで空っぽで、そこから出てくる文章なんて無なのではないのでしょうか。

そして無を書き散らした後、死にたくなったりしないのかなと思ったりします。

でも、なんとなく書かなあかんなと思っていて、それはだいぶ書くことから遠ざかっていたから、だいぶ人間力が低下している気がして、要するには感情や思考の出力の仕方が下手になっている気がするのです。

 

書くことって要するにはぼんやりと思っていることを形作る作業というか、一本の木から仏を掘り出す作業なんじゃないかと思っていまして。おいおい、お前、自分の文章を「仏」って言いやがったか?と。いや、私は自分の文章を仏だなんて思ってはいないけども、でも一本の木から何かを掘り出す作業に近いのではないかと思っています。

 

形のないところから形をなんとか作る作業が文章を書くことだとしたら、私はその作業を大きくサボっていたので、かなり思考が弱っている。感情の出力が下手になっている。人間力が弱っている。そんな気がするのです。

 

でも、書くことって同時に弱点を見せる作業だとも思っていて、ハウス・オブ・ザ・デッドというガンシューティングでボス戦の前になると「ボスの弱点はここだよ!!」と教えてくれるのですが、それを書くたびにやっている気がする。

私が書いたものを繋げていけば、私の簡単な殺し方がわかるんじゃないかとも思うのです。

 

でも、なんで書かなきゃいけないか。それも書いてこんな誰でも見ることができる場所に公開しなきゃいけないか…って、ここでつらつらそれっぽく語ることもできるだろうけども、結局私は弱点を見せたいんだろうし、もしくは弱点を共感してほしいんだろうし、何よりここで書くのが一番簡単で楽なんだろうと思う。

 

だから、私はここに365個以上の記事を公開している。日々を公開している。日記を公開している。感想を公開している。小説を公開している。戯曲を公開している。辛かったことを、しんどかったことを、楽しかったことを、何にもなかった日を、何かあった日を公開している。

 

私はどこかの誰かに私の文章が届くことを祈っている。多分それは私は一人じゃないと思いたい、その願いの成れの果てで、それはとても気持ちが悪いし、ただどうしようもなく切実なものだ。

 

私が好きなミッフィーの話の中に「うさこちゃんはじょおうさま」というのがある。

そこでミッフィーはある国の女王になることを願う。

でも一番やってあげたいことは「悲しんでる人がいたらそっと側に寄り添ってあげたい」という。

私はそこまでのことはできない。

寄り添うことなんてできない。

私は私でいっぱいいっぱいだ。

でも、この吐き出しまくった何かがどこかの誰かに届けばと思う。その瞬間だけは何かは忘れられるような。

私が多くの文章を読んできて、そう感じたような。

そんなのが書くことができればと思う。

 

なんて、書きたいことは何もないなんて言いながらもう1400字も書いている。

結局は何もないわけじゃなかった。

もやもやしている頭の中は空っぽに見えたけども、そのもやを封じ込めれば何か文章めいたものになるのだ。

私は空っぽだと思いがちだ。

私は空っぽじゃないと思うために書き続けた方がいいのだろうと思う。

弱点を晒し続けたらいいのだと思う。

それがどこかの誰かに届いて、一瞬でも何かを与えられたら。

そんな傲慢さに似た願いだけども、叶うことをどこか夢見ている。

 

 

ハロウィン、森崎ウィン。

10月31日。

体調があまりよくなくて、夕方くらいまで寝続けてしまった。相変わらず体調に波がありすぎて、この波乗りこなせないよ〜とへばってしまう。

波で思い出したけども、サーフミュージックってあるじゃないですか。サーフィンを思わせるような音楽だったり、海岸を思わせるような音楽だったり。僕ら世代だとジャック・ジョンソンって感じで、昔だとビーチ・ボーイズみたいな。

ビーチ・ボーイズはサーフィンをしなかったそうだけども、ジャック・ジョンソンは今でも普通にサーフィンしているそうです。前の会社の先輩がハワイでサーフィンをするジャック・ジョンソンを見たと言っていました。

で、ふと思ったのだけども、ヒップホップ好きなサーファーっているんだろうか。いや、いると思うんだけども、サーフィンに向かう道中で流したりしてると思うんだけども、「なんか合わないなー」って思ったりするのだろうか。

「いや、サーフィンにヒップホップ合うんですよ」って意見があれば聴きたいけども、知り合いにサーファーがいないから聞けない。

そんなどうでもいい疑問は置いておいて、今日はサーフボードのような体勢で私は寝続けていました。かなりぐっすりと。

 

 

そういえばハロウィンである。めちゃくちゃハロウィンである。今日もニュースで渋谷がやべーぞ!となっていたそうだけども、気がつけば一大イベントになりまくっているハロウィン。私はハロウィンが好きで……というよりは地味ハロウィンが好きなのです。

地味ハロウィンはここ数年、デイリーポータルZが主催している「地味な仮装」をするハロウィンイベント。

関東に住んでいた頃は二度ほど参加しました。

でも、関西に帰ってきたので本家地味ハロウィンには参加できない……しかし、心が踊ればそれはダンスだろ、地味な仮装をすればそこが地味ハロウィンだろ!ということで地味ハロウィンfrom実家をやることにしました。

 

というわけで今年の仮装です。

f:id:gachahori:20191101030054j:image

「病院を抜け出して喫煙所探してるやつ」です。

 

f:id:gachahori:20191101030041j:image

f:id:gachahori:20191101030144j:image

 

父親が入院の際に買ったパジャマを着て、家にあった包帯を母に巻いてもらい、同じく家にあった眼帯をつけ、弟に写真を撮ってもらいました。

弟からは「なんでこんなんせなあかんねん」と言われながら、頼み込んで撮ってもらっております。

 

ちなみに過去写真はこちら。

 

f:id:gachahori:20191101030456j:image

去年は「万全の準備で夜行バスに乗ったのに眠れない人」


f:id:gachahori:20191101030500j:image

3年前は「熱あるのにバイトに出たやつ」でした。

 

来年もこういうことができたらいいですね。