にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

リラックマと両目さん。(私と帽子をめぐる冒険)

 時は2019年。両目洞窟人間(私、29歳男性)とその実家は恐るべき困難に立ち向かうことになった。私の退職、弱っていく祖父母、そして父の病気である。皆、弱り果てた。困り果てた。どうしたものかと頭を悩ませた。

 そんな頃、Netflixで一本のストップモーションアニメが配信になった。

 『リラックマとカオルさん』である。

 その恐るべき可愛さの暴力に、瞬く間に我が家はリラックマの虜になった。

 リラックマ

 本物のクマではなく、着ぐるみのクマである存在。

 リラックマ

 一日中、部屋でゴロゴロする存在。

 リラックマ

 涙もろい一面を見せる存在。

 

 我々はリラックマのようになりたいと願い、そしてリラックマの姿に傷ついた心を癒していった。

 そしてその心、魂はリラックマを映像だけでなく、実体を望んだ。

 ぬいぐるみ等のグッズを買い漁るタイミングが来たのである。

 我々は梅田に向かった。向かう場所はそう、リラックマショップである。

 リラックマショップで我々は実体を持ったリラックマ(ぬいぐるみ)やリラックマ(グッズ)にときめきを、精神の回復を、生きている意味を得たのだった。

 

 f:id:gachahori:20190829032439j:image
リラックマに心を救われている両目洞窟人間氏

 

しかし、一つ問題点があった。

 たしかに実体のリラックマは可愛かった。確かに可愛かった。

 ただ、どうも買うという行為までは衝動が突き動かされなかった。

 可愛いのに、惜しいのだ。

 実体は確かに可愛いのだが、まだ財布の紐は緩まなかった。なのでその日はただ、目で愛でるだけだったのだ。SAN-Xへ少しばかりの勝手な失望を抱きつつ、帰路に着いたことを忘れはしない。

 

 数ヶ月経った。

 生活は更に混迷を極めた。

 減りゆく預金残高。慌ただしい日々。そして父の退職。

 それらはまたもや、リラックマを求めた。映像は何度も再生された。特にハワイアンリラックマの回は皆のお気に入りだった。

 しかしそれでは満足できなかった。そうまたもや実体を求めたのだ。そうリラックマの実体を。

 

f:id:gachahori:20190829035936j:image

↑ハワイアンなリラックマ達。

 

 我々はある情報を手に入れていた。

 梅田のリラックマショップではなく、あべのにあるリラックマショップがいいらしいと。

 我々は日を調整した。

 そして、行ける日を見つけ、向かうことにした。

 いざ、リラックマショップへーーー

 

 その日、我々はハローワークで父の退職について、相談をし、シビアな現実に打ちのめされた。

 通常ならばへこんだまま、帰路につくところだ。しかし、心の中では微かな光が灯っていたのである。そうリラックマである。

 我々はハロワを出ると、天王寺へ移動をした。1時間近くかかったが、全く苦ではなかった。何故ならばリラックマが待っているからだ。

 そうリラックマが。

 

 話は突然だが変わる。

 私は帽子が似合わない。頭がでかいからだ。そのでかさゆえになかなか入る帽子がなかった。そして、入る帽子があっても全く似合うことはなく、新進気鋭の変態のような雰囲気を漂わすことがほとんどであった。

 私は帽子には見放されていたと思っていた。

 しかしある日聴いたアルコ&ピース D.C.GARGAEで、アルコ&ピースがこう語っていたのを覚えている。

 「どんな人でも必ず似合うニューエラのキャップはあるからね」

 私はその言葉を覚えていた。そしてニューエラのキャップの部分を帽子と変換し、心の中に漂わせていた。

 いつか似合う帽子に出会うことがあるだろう。

 そんな日が来るだろう。

 

 リラックマショップの店頭に、黒いキャップが飾ってあった。

 リラックマっぽくない、スケーターファッションな雰囲気を漂わせたキャップ。

 vision street wearとロゴが入っている。そのロゴから半身を見せるリラックマの姿。どうやら、このブランドとリラックマがコラボしているようだ。

 私はなんとなく被ってみた。そして鏡をみた。

 似合っている。

 そう、似合っていたのだ。

 あの帽子が似合わなかった私が。

 どんな帽子を被っても新進気鋭の変態にしかならなかった私が。

 似合っていたのだ。

 

 私は一旦落ち着くことにした。

 店を出た。

 それからぐるりと回った。

 別の帽子屋にもはいった。

 帽子を被ってみた。

 似合わなかった。

 やはり、帽子が似合うようになったわけではなかった。あの帽子が似合っただけだったのだ。

 

 リラックマの実体を私は求めた。しかし、それでも財布の紐が緩むものには出会うことはなかった。

 似合う帽子を私は求めた。しかし似合う帽子に出会うことはなかった。

 それがどうだ。

 実体のリラックマでありつつ、似合う帽子なのだ。

こんな偶然あるものか。

こんな偶然あるものなのか。

 気がつけば私はレジへ向かっていたーーー。

 

 出会い。それはいつ訪れるかわからないものである。

 しかし、何より必要なことがある。

 それは出会った瞬間に、出会ったと知覚することだ。

 リラックマの帽子と出会った瞬間、私は戸惑ってしまった。店からも出た。別の帽子屋にも入った。

 出会えたことに気がついてなかったのだ。

 しかし、本当は出会っていた。

 そう、出会っていたのだ。

 いきなり出会いは訪れる。ずっと似合う帽子を探していた。ずっとリラックマの実体を探していた。

 まさか同時にやってくるなんてーーー。

 

 私はレジでタグと厚紙を帽子から外してもらい、その場で被り、店を出た。

 リラックマの実体を得て、似合う帽子を手に入れた私は、この時の感情をあえてこう記そうと思う。

 最強であったと。

 

 気がつけば日は落ちていた。

 涼しい風が吹いていた。

 もうすぐ秋がやってくる。

 日々は過ぎていく。

 人生は混迷を極めていく。

 それでも、探していれば、いつか出会いは訪れる。

 私は秋風の気配の中、リラックマの帽子を被り、街を歩いた。その顔は希望に満ち、足取りは未来へ向かっていた。

 リラックマ

 それは希望。

 似合う帽子。

 それは自信。

 リラックマの似合う帽子。

 それは、そう、それはーーー。

 

f:id:gachahori:20190829034453j:image