にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

短編小説『くまくんとしゃけくん』

くまくんとしゃけくん

両目洞窟人間

 

くまくんはげんきなおとこのこ。きょうもあそびにでかけています。

「よーし、きょうはしゃけくんとあそぼう」

くまくんはさかなのしゃけくんにあいにかわへやってきました。

「しゃけくん。しゃけくん。あそびましょー」

くまくんがかわにむかってそうあいさつします。

「あ!くまくん!!あそぼう!あそぼう!」

しゃけくんがくまくんにこたえました。

「しゃけくんきょうはなにしてあそぶ?」

「いっしょにおよごうよ!」

「わー!たのしそうだねー!」

くまくんとしゃけくんはいっしょにおよぎはじめました。

すーいすい。すーいすい。

くまくんはしゃけくんのせなかをみておよいでいます。

「わー。しゃけくんおよぐのはやいなあ」

「えっへん。いっぱいれんしゅしてるからね」

しゃけくんはすいすーいとおよいでいきます。

くまくんはそんなしゃけくんをみながらおもいました。ぼくもしゃけくんのよういすいすいとおよぎたいなあ。

しゃけくんのおよぎかたをまねようとしてみますが、うまくいきません

「あははは。くまくん。それだとくまくんはおよげないよ」

「しゃけくん。どうしてなの」

「ぼくはこのひれをつかっておよいでるのさ。くまくんにはないだろう?」

くまくんはじっとてをみました。

くまくんにはひれがありません。

くまくんはかなしくなりました。

「ぼくにもひれがあったらなあ。ぼくもしゃけくんみたいにさかなになりたかった」

「さかなはたのしいよ。ねんじゅうみずのなかだし。でもぼくはくまくんのようにきにのぼりたかったなあ」

「しゃけくんもぼくみたいになりたかったの」

「うん。ぼくもくまくんにあこがれてるんだよ」

くまくんはおどろきました。

しゃけくんもだれかになりたいなんておもうことあるんだ。

くまくんはしゃけくんをみます。

すいすーいとたのしそうにおよぐしゃけくんもきにのぼりたいとおもうんだな

 

 

喰らえ。

 

 

えっ。いまのはなんだったのでしょう。

くまくんはおどろいてまわりをみわたします。

このかわにはくまくんとしゃけくんしかいません。

おかしいなあ。だれのこえだったんだろう。

くまくんはまたしゃけくんとおよぎはじめました。

「よーしくまくん。あのかわぎしまできょうそうだ!」

「まけないぞしゃけくん!」

ふたりはおよぎはじめました。さすがしゃけくんすいすいとおよいでいきます。

くまくんはしゃけくんのうしろすがたをみるばかりです

「さすがしゃけくん。はやいや」

 

 

喰らいつけ。奴の生き血を啜り飲め。

 

 

「だれー!?」

またこえがしたのでくまくんはよびかけてみます。でもだれからもへんとうはありません。

へんだな。なんだろう。

またおよぎはじめました。

「おいついてみなよくまくん」

「はやいよしゃけくん!」

くまくんはしゃけくんにひっしにおいつこうとします。

でもしゃけくんはそのさをひろげるばかりです。

くまくんはそんなしゃけくんをみていました。

さゆうにふれるからだ。ひかるひふ。てきどなにくづき。

くまくんはしゃけくんのいままできにならなかったからだつきをじっくりみていました。

どうしたんだろうぼく。

しゃけくんをみているとなんでかむねがどきどきしてきました。

 

 

喰らえ。その歯で奴の頭蓋骨を砕き壊せ。

 

 

 

「やったー!いちばんだー!」

しゃけくんがどうやらゴールについたようです。

「えっへっへ。やっぱりおよぎはぼくのほうがつよいようだねーくまくん」

くまくんはゆっくりゆっくりしゃけくんにちかづいてきました。

くまくんはじっとしゃけくんをみています。

ひとこともしゃべらず。じっと。

「くまくん。じっとだまってどうしたの。くやしいのかい?」

くまくんはしゃべりません。はのすきまからあらいいきづかいがきこえます。

しゃけくんは、くまくんのかおをみました。

あれ。くまくんこんなにこわいかおしてたっけ。

「しゃけくん。ごめんね」

しゃけくんがえっ?とききかえそうとしましたが、そのぎもんがこえになるまえにしゃけくんのからだはういていました。

くまくんはしゃけくんのからだをそのちからづよいうででなぎはらいました。

なんで。

しゃけくんの脳がその疑問でいっぱいになるころにはしゃけくんの体は石がひしめく川岸に叩き付けられていた。

しゃけくんの体内から枝が割れるときのような音が聞こえた。骨が折れたのだろう。

人生で味わったことのない痛みがしゃけくんを襲った。

叫ぼうとした。しかし、声が出ない。叩き付けられたときに喉をやってしまったのか。

息苦しい。息ができない。しゃけくんは無意識にえらをびたびたと痙攣するように動かしていた。水の中ではないからそんなことをしても無駄であることはわかっていた。びたびたびたびた。

しゃけくんは泣いていた。

なんでこんな目にあうんだ。さっきまで遊んでいたのに。くまくん、なんで。

しゃけくんは振動を感じた。

くまくんがこちらに近づいている。

くまくん、冗談ならやめて、もう助けて。また一緒に遊ぼうよ。

しゃけくんは願った。

しゃけくんの視界が大きな影で覆われる。

くまくんの体だ。

その時、しゃけくんは気が付いた。

もう彼が友達のくまくんではないことに。

彼が野生に目覚めた熊になってしまったことに。

ごりっ。

くまくんはしゃけくんの首筋に噛みつき、そこでしゃけくんの意識はフェードアウトした。

くまくんはしゃけくんを貪り喰った。しゃけくんの血潮を、肉を、その骨を貪り喰った。

喰らい終わるとくまくんは叫んだ。その咆哮に森の木々に休んでいた鳥たちが一斉に飛び去った。

 


カシャ。

 


その森から小さな音が聞こえた。

森から人間の男がカメラをくまくんに向けていた。

男はくまくんがしゃけくんを喰らう一連の行為をすべて写真に収めていた。

男の名前は田中正嗣。

世界中の自然をカメラに収めてきたカメラマンである。

鮭を喰らう熊の写真。

田中がこのカナダで撮ったこの写真は大きな反響を生むことになった。

 

「まさか、あんな反響があるんなんて想像もしませんでしたよ」

田中が現在68歳。今もなお現役のカメラマンである。

「まだあの頃は大学を卒業したばかりで、カメラマンとしては正直二流三流でした。くやしかったですよ。何枚写真をとっても、目の前に広がる世界の美しさを切り取ることができなかったんですから」

そんな田中にとってブレイクスルーのきっかけになったのがあの写真である。

「確か25歳のころです。もともとはカナダの森に取材に行くのが目的だったんです。森でキャンプをしていた時、遠くの川辺に熊がいるのに気が付きました。正直、怖かったですよ。でもあの時、生命の危機なんかよりも、写真を撮らなければならない、そんな衝動に襲われたんです。まあ若かったんですよ」

田中はカメラを夢中で向けた。シャッターを何枚も切った。初めて手ごたえを感じた。

「何枚もシャッターを切りながら、私は興奮していました。カメラを持ってから初めての興奮でした。今、俺は写真を撮っているんだ。これまで何千枚と写真は撮ってきたはずでしたが、そのとき私はそう思いました。その感覚は正しかった。写真家としての一枚目はあの瞬間だったのですから」

数か月後、その写真がネイチャー雑誌の表紙を飾ることになる。

熊が鮭に噛みついている写真。

弱肉強食がグラフィカルかつスタイリッシュに切り取られたその写真はたちまち大反響を呼んだ。

「もともとはネイチャー雑誌の表紙ですからね。まあ、評判になるといってもそれほどかなって思いましたが、違いましたね。次々と依頼が来ました。写真を撮る依頼ももちろんですが、それだけじゃなく私自身にも。まあ一番驚いたのは教科書に載せていいか?って話でしたけども。もう私はすぐに言いましたよ、ぜひぜひ!って」

田中の写真は小学生の国語の教科書に掲載された。田中が撮った鮭を喰らう熊の写真は老若男女が知るものになっていた。そして田中はあるとき旅先で思いもよらないものに遭遇することになる。

「北海道に取材に行ったときですね。お土産屋に寄ったら、木彫り人形がずらーと並べてあってへーと見てたらね、鮭を食べてる熊の木彫りがあったのよ。店員さんがこれ人気なんですよーって話しかけてきたんだけども、これ僕の写真だよって!」

田中の写真は一人歩きしはじめていた。各地で田中の写真をもとに作られた木彫りの鮭を喰らう熊がお土産になっていた。

「最初はショックでしたけども、今じゃ各地のお土産見て回るのが楽しみですよ。知ってますか?この木彫りの熊って海外のお土産屋でも作られているんですよ」

そう話す田中の背後にはたくさんの木彫りの熊の人形が飾ってあった。その熊たちの口には一様に鮭が咥えられていた。

「私もこの熊のファンなんですよ」

そう笑う田中は今も世界中を飛び回り続けている。

「世界にはまだ誰も見たことない美しいもので溢れている。それを撮るのが私の仕事です」

しかし田中は御年68歳になる。体力は持つのであろうか。

「昔に比べると無茶はできません。だからこそ、自分で行う体調管理が大切です」

田中は何か特別なことをやっているのだろうか?

「実はね、これを飲んでいるんですよ。青汁カプセル。毎日これを1錠飲むだけで身体がみるみるうちに元気になっていくんですよ」

もともと健康食品には疑いを持っていたという田中。青汁なんてのはもってのほかだったそう。

「青汁なんてね。飲みづらいと思ってたからね。でもね。この青汁カプセルは飲みやすい」

60歳の時に実は病気になった田中。だからこそ健康には人一倍気を遣うようになったとか。

「60で倒れた時に、あーまだ世界を僕は見てないなって思ったの。で、僕は運よく助かったからね。より長い時間この仕事をしたいと思ったの。でいろんな健康法を探してるときに出会ったのがこの青汁カプセルだったの。今は出会えて本当よかったと思ってる」

田中正嗣68歳。職業カメラマン。まだまだ現役。その気持ちと体を支えるのは青汁カプセル。

青汁カプセル通常60粒入りで3500円のところ、今ならなんともう2パックつけて3500円。

一人でも多くの人を健康にしたい。その思いからの大サービスです。

「青汁カプセル。あなたもはじめませんか?」