にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

進捗日記 2019年3月23日

頓服の抗精神薬を飲んだせいか、妙に色鮮やかな夢を見た。黒沢清監督が撮ったコンビニのドキュメンタリーを見るというものだった。ガラス越しに立ち読みをする人々の姿が、まるで幽霊のように見える演出には鳥肌が立ったが、起きてそんな作品は現実にはないとわかって少し寂しい気持ちになった。

 

移動中『私に天使が舞い降りた!』の一話を見た。Twitterを見ていたらみゃー姉と呼ばれるキャラクターの見た目がジャージでメガネで片目を髪で隠しているというめっちゃ好みの見た目だったので見てみた。

しかし、話の重点がロリで百合ってところには全く乗れなかった。うーん。私はあんまりそういうのはわからないんだよなあ。

といいつつだらっと見るにはちょうど良かった。みゃー姉は可愛かったです。みゃー姉だけ見ていたい。

 

地味ハロウィンで知り合った少年Bさん主催のお花見に行ってきた。

f:id:gachahori:20190324160138j:image
f:id:gachahori:20190324160142j:image
f:id:gachahori:20190324160147j:image

f:id:gachahori:20190324160237j:image

初めて会う人が大半だったのに、なんだかんだで類は友を呼ぶ状態に突入したのか凄く楽しい時間を過ごした。本当楽しかった。ぱしゃぱしゃと写真を撮りまくりました。

主催してくださった少年Bさんありがとうございました。楽しかったです。

楽しい時間を過ごしすぎて、次の会に完全に遅刻してしまう。およよ。

 

新宿に移動して友人のダルシムさんの送別会に参加。ダルシムさんは夢の島さんという演劇つながり経由で知り合った人で、舞台を一緒にやったりした人であった。

そんな人らとわーわー喋り、一旦喫茶店に行き、また合流して朝までカラオケに行ったのであった。

カラオケとても楽しかった。ダルシムさんの歌のうまさにびびる。歌で恋に落ちるとか信じたことなかったけども、ダルシムさんの歌で人は落ちるんじゃねえかと思ったのであった。

僕はそんなダルシムさんのあるあるを歌ったりした。

「舞台上でカーディガン着がち」

完全な内輪ネタであるけども、ここに残しておこうと思う。

僕は浅草キッドを歌ったり、忘却の空を歌ったりして、喉ががっさがさになってしまった。

朝方、松屋に行ってみんなとご飯を食べる。

PUNPEEの『夜を使い果たして』じゃねえか!と思いつつ、あれやこれや話をして、最後の方はもう別れるというのに菓子パンの話をしていた。意外と別れ際ってそういうものなのかもしれない。