にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

進捗日記 2019年3月15日『ペパーミントキャンディー』

11時半ごろに起きる。9時起き目標だからめっちゃ寝坊したことになる。急いで準備して渋谷に行く。道中、iTunesUNISON SQUARE GARDENの『徹頭徹尾夜な夜なドライブ』を買って聞く。昨日、Apple musicでスカパラがカバーしたのを聞いて原曲に興味を持ったので買ってみた。とてもいい曲。凄く好みなので渋谷に行くまでの間ずっと聴き続ける。渋谷に着いたら友人と合流してアップリンク渋谷へ。

 

『ペパーミントキャンディー』(監督イ・チャンドン)を見る。

f:id:gachahori:20190315234937j:image

 凄まじい大傑作だった。噂には聞いていたけどもここまでやられるとは思わなかった。

 線路の上に立つ男、電車が近づく、男は叫ぶ「帰りたい!帰らしてくれ!」。巻き戻る時代。歴史のうねりや変化する社会に翻弄された男。本当に帰りたかった場所とは?全てのピースがはまった瞬間、息を呑み、呆然とした。

なんて切ない話なんだ!あの瞬間こそ人生最良の時間だったとは…。

見終わって、どうすればよかったのか…どうすれば線路の上に立たずに済んだかを考えるも、あの時代に徴兵されてしまったことがそもそも詰んでしまった原因だとわかり、もう超絶悲しくなる。ただの一個人なんて時代に翻弄されるしかないよな…。

見終わって、頭の中で時系列を組み立てれば組み立てるほど悲しい気持ちになる映画。ある種、全ての始まりがわかるのがラストシーンな分、映画が終わってから頭の中でもう一度「あれってこういうことか!こういうことか!」と真の時系列順に進めることができる。なので二度目の映画は頭の中で始まるのだ!とカメラを止めるな!のキャッチコピーめいたものを言いたくなる。

f:id:gachahori:20190315234951j:image

個人的には警官のシーンでのあの酒場の女性とのエピソードが切ない。初恋の女性に対して取り返しのつかないことをした後に、まやかしとはいえそれをなんとか取り戻そうとするんだけども、それすらも叶わず…。うーん。「帰りたい!帰らせてくれ!」だ!!!

時系列が逆に進んでいくので、最初であり人生の最後のズタボロな姿と、最後であり人生最良の時の姿の差にとんでもなく絶望してしまう。人の20年……。ラストカットの涙と近づく電車の音に、せめてもの救いを感じた。こういうことでしか救われないよなあ。

f:id:gachahori:20190315235007j:image

昨日見ていた『1987、ある闘いの真実』もまた後ろにある映画というか、見ていたお陰で理解に役立つシーンがあった。韓国の歴史って馴染みがない分、映画で知ることもあって、そういう意味で映画って見ていると繋がっていくんだな。

ペパーミントキャンディーの主人公にとって、その後の人生を大きく変えることになってしまった光州事件を扱った映画『タクシー運転手』も見たいと思った。

 


見終わってから友人と喫茶店で映画について喋ったり、ドン・キホーテに行ってペパーミントキャンディーを実際に探してみたり、ご飯を食べたりして8時半ごろに解散。

 


帰宅中も『ペパーミントキャンディー』のことばかり考えてしまう。どうしたらよかったんだろうか…とか、自分にとっても「帰りたい!帰らせてくれ!!」と叫びたくなる日はあっただろうかとか。

イ・チャンドンの映画はこれが初めてだったけども他のも見なきゃと思いました。とりあえず今劇場で『バーニング劇場版』『オアシス』がかかっているので、それを見に行かないと。

 


帰宅後、小説を書こうと思うも、『ペパーミントキャンディー』のことばかり考えてしまって、わしが今書かなあかんのは感想や!ということでこの感想を書く。それでも書ききれた気がしない。もっとこの映画のことを考えたいし、話がしたいなと思う。

 


弟に『ペパーミントキャンディー』を電話で勧める。とりあえず見てくれ!と言う。その流れで母親とも電話。

「最近何を食べてるの?」と聞かれて「ウィンナーとミートボールとキムチと納豆」と答えると「もっとマシなものを食べろ」と怒られた。およよ。