にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

準備の季節。

 両目洞窟人間28歳男性は気が晴れない。とにかくまあ気が晴れない。気が晴れないのでこうやって文章を書いている。文章を書いていると気が晴れるような気がするからだ。からだと言っても気が晴れるかどうかはわからない。とにかく書くしかない。

 昨日書いたようにうちの父が膵臓がんになってしまった。君の膵臓を食べたいとかなんとかかんとかでも出てきた病気である。そんなものにうちの父がなってしまうとはとめちゃくちゃ驚き。両目洞窟人間の目もさらに洞窟になってしまうよって感じで、気がついたら手帳に「つらい~」と嘆いている猫の絵を描いていた。つらいよね。なんて言ったって辛いよね。

 その上、両目洞窟人間は両目洞窟人間で適応障害で退職してしまって、その病気の治療にも専念しないといけない。抑鬱状態~!ってことでサインバルタをマックスの60mm飲んでいてその上それをブーストかける薬を飲んでいて、さらに眠れないので睡眠薬を飲んでいるというめちゃくちゃこうやって書くとメンヘラって感じがする。メンヘラ~!!

 ただでさえ、メンヘラな状態の上に、発達障害特有の先延ばし癖で日常でミスをやらかして怒られたりしてもう最悪な状態で、いや最悪なのは俺によって被害を被った人だけども、両目洞窟人間はもうなんでこんな人生になってしまったんだ・・・と嘆くばかりです。はい。

 しかし両目洞窟人間にはできることがあるはずだと、それは前向きになることだと、とりあえずこの書いている文章上でも前向きになってさえいれれば、それは必ず現実世界にフィードバックされるはずだと思って、前向きなことを書こうと思っている。

 メンヘラな状態だって永続的に続くわけじゃない。精神のアップダウンはあるし、週に2日は寝込んでいる状態だけども、それでもまあこれが永遠に続くわけじゃないと思ってる。多分。いや、絶対そうだと思う。両目洞窟人間は信じてる。

 父親の膵臓がんだってうまく摘出できるはずだと信じてる。身体開けてぽい!背負い投げ~!でなんとかなるって両目洞窟人間は信じている。そうとにかく信じることが大切なのだ。

 和牛が「人生でうまく行ったことある?」と言って「ないなあ~」と言っていたけども、あの和牛ですらそう思っているというのにショックを覚えた一方で、私も「うまくいったことないなあ~」と思う。でもこれからはうまく行ったらいいなあと思う。少しばかりこちらに運が向いてきてもいいじゃないですか神様と思う。まあ、そういうときにしか神に頼らんからなのかもしれないけども、それでも、それでもまあ運くらい向いてきてもいいやんと思う。

 昨晩、寝床で凄く辛くなって「なんでこんなことになってしまったんだろうな」と思ってしまった。むしゃくしゃしてうがーとなって全部壊してやりたい気持ちになったけども、壊すものも見当たらないし、壊したら壊したで罪悪感に襲われてやりきれなくなるだけだろうなと思ってしゅんとしてしまった。そんなことよりも、そんな後先を考えない行動よりも、今やるべきことは一歩ずつ一歩ずつ着実に進むことなんじゃないだろうか。やるべきことをやって、ちゃんと進めたと実感することじゃないだろうか。

 両目洞窟人間の場合は病気をまずは治すことだろうし、それから働いて自分の稼ぎで食えるようになることだろうし、傷病手当金の申請を忘れないことだろうし、今支えてくれている人に感謝を伝えることだろうし、そして父のサポートをすることだろうし、もっといえば家族のサポートをすることだ。

 そう思う。そう強く思う。それができたら、いい。それさえできたら今はいい。

 あとはなんなりとついてくるか、やってくるだろう。それもなかったらまた探せばいい。難しいかもしれないけども、それでもやらないよりはましだろう。

 というふうに書いていたら幾分か気は晴れてきました。何せこんな風に当たり前のことを毎度毎度書かないと気が晴れないのだ。もうそれくらい煮詰まっているっちゃ煮詰まっている。でも、煮詰まってどうにかなるくらいなら、毎度毎度書いていけばいいと思う。それで楽になるんだったらいい。楽になる方法がこれなんだから、それでいいと思う。

 両目洞窟人間は幸せになりたいなあと思う。でも、まだ自分の順番じゃないんだろう。だからその日がやってくるまで、一個一個やっていって、準備をしておこうと思う。今は準備の季節だ。準備の季節は気が遠くなるほど長いけども、いつかはこの季節も終わると信じて、生きていくしかない。

f:id:gachahori:20181213171428j:image