にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

最近の私と地味ハロウィンに行ってきたという記事。

傷病手当金という僕のライフラインの書類を病院からもらい、そして郵便局に行って郵送した帰り、ヴェローチェにてこの文章を書いている。先週、退職届を出してから一週間、まだ色々と問題は山積みである。

たとえば、今住んでいる場所は借り上げ社宅なのだけども、そこを引き続き住むには礼金をまた払ったり、3ヶ月分の家賃を払わないといけないとかで、その金策にいそしまなければならない。またはやはりなんだけども、金銭的に豊かな状況じゃないので、どうやって日々を過ごしていくかを考えねばならない。とりあえず傷病手当金が出る半年の間、どうやって生きていこうかと考える日々でございます。

正直言うと、お金が全然無い。なのに、実家に帰る選択をせず、関東に残る選択をしたのはとにかく同じ病院で治療を続けたかったというのがある。今の病院で治療をある程度までしてからでも戻るのはいいのではないかと思った。

まあ、その選択のせいで、また色々と困難にぶつかってしまっているわけだけども、とりあえず当面のことはさておいて、色々と困難が過ぎ去ってくれたらいいと思う。

お金もないけども、あんまり無駄遣いやらせずに、生きていけばなんとか生きていけると思う。

まあぎりぎりなので、色々と売ったり、しなきゃいけないんだろうなとは思うけども。

 


地味ハロウィンに今年は参加した。去年はちょうど病気になって、実家に帰ったりしていたのもあって参加できなかったんだけども、今年はちょうどまだ関東にいたのもあって、参加することができた。

一昨年前は「熱あるのにバイトに出てる奴」で出たのですが、今年は以下の仮装で参加した。

 

f:id:gachahori:20181101172334j:image
「万全の準備で夜行バスに乗り込んだのに全く眠れない人」。

ポイントはお茶とポイフルとおにぎりが入ったコンビニの袋です。

現場ではやや受けでしたが会場をふらふらしていると、いろんな人にわかるーと言ってもらえたりして嬉しかった。

そのほかにもいろんな仮装をしている人に出会えました。

 

 

f:id:gachahori:20181101172241j:image

コメダ珈琲のロゴ。


f:id:gachahori:20181101172220j:image

ジョン・ウー映画で鳩を飛ばすスタッフの人

f:id:gachahori:20181101172203j:image

映画雑誌の切抜きをめっちゃしてる人と、ジョン・ウー映画スタッフの人の奇跡のコラボ

f:id:gachahori:20181101172216j:image

ユニクロのマネキン

f:id:gachahori:20181101172258j:image

サンデージャポンの人

f:id:gachahori:20181101172235j:image

お風呂から上がったらスリッパが無くなっていた人

f:id:gachahori:20181101172250j:image

精進料理を作る人

f:id:gachahori:20181101172211j:image

飼い猫を探している人

f:id:gachahori:20181101172229j:image

ベンザブロック喉からの人

f:id:gachahori:20181101172323j:image

街頭配布を断れない人

 

f:id:gachahori:20181101172921j:image

富士登山舐めてる人

f:id:gachahori:20181101172246j:image

バチェラーの人

 

f:id:gachahori:20181101172318j:image

二日酔いの人

f:id:gachahori:20181101172207j:image

水道会社のマグネットの人

f:id:gachahori:20181101172225j:image

泥酔するギャル

f:id:gachahori:20181101172307j:image

オールスター感謝祭で苦いお茶を飲む女優とADさん

 

その他にもたくさんの仮装に出会うことができました。毎回思うことだけども、普段この人たちはどこにいるのだろう。みんな驚くほど発想力が豊かで素晴らしいなと思う。こんな人たちが普段は普通の人として擬態して生きているのだと思うと、なんだかぞくぞくするものを感じる。そしてその人たちが一気に集まる場所がこの地味ハロウィンだと思うと、この場所はなくなって欲しくないなとおもった。

今回、人が集まりすぎて入場規制がかかったり、場内も物凄い人で身動きができなかったり、メディアの取材もいくつか入っていたりと色々過渡期な雰囲気が充満していたけども、この名もなき人々が発想力だけで勝負に出る場はずっとあったらいいなと思う。だってそっちの方がいいじゃないですか。外にでればめちゃくちゃやってるハロウィンばかりなんだし・・・。と思ったりする。

うぇいうぇーいできない人たちが楽しめる場がこんな風にあるっていいよねと改めて思ったりしました。来年以降自分含めてどうなるかわかんないけども、またあるのならば参加したいなとおもいました。

 

相変わらずお金はないし、日々も好転していないけども、地味ハロウィンのように、発想力で日々を打開していきたいなと思ったりする、メンタルクリニック帰り。

これからも楽しいことやエモいことをたくさん考えていきたい。まだまだたくさんやれることはある気がするのです。

 

追記

高校3年間の文化祭というエモーショナルな仮装で参加されていた少年Bさんによる現場レポートも面白いのでぜひ。

http://raira21.hatenablog.com/entry/2018/10/30/072959