にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

28歳になってしまった。

 28歳になってしまった~。とミッシェル・ガン・エレファントの太陽を掴んでしまったの節で歌ってみたりして、うぇーいと盛り上がっているけども、内心はこんな28でよかとなのかと自問自答。

 とにかく28歳になってしまったのだ。これは避けられないことだ。28歳なのだ。なんと言っても28歳なのだ。ロックスターは27歳で死ぬというけども、ロックスターでもなんでもない僕は平然と28歳になってしまった。ということはジミ・ヘンドリックスとかはこの時点で後輩になるのだ。27歳で死んでしまったロックスターの大半はこの時点で後輩になってしまうのだ。おい、ジミヘン。パン買ってこいよ。

 ジミヘンにパンを買ってこさせて、カート・コバーンの緑色のカーディガンを奪い取って、そんで28歳にあぐらをかく。そんな感じの28歳の始まりに祝福を。

 とりあえずロックスターにはなれなかったので、生き続けるという選択肢を選ばざるを得なくなってしまった。気がつけばドント・トラスト・サーティーのサーティーも近づいている。子どもからすればもう少しで信用するなと言われる年齢で、ロックスターは死に絶えた年齢で、それでもなお28歳の僕が大人かといえば、ぼんやりしていて好きな物はロボット・パルタで、Twitter上では自分のことをマイメロだとか言っている。

 マイメロと自称する28歳男性は確実にやばいだろうけども、マイメロなので仕方ない。僕は宇垣美里アナウンサーの自分をマイメロだと思い込んで人生の無理から逃げる方法を学んだ1人なので、やはり今後もこのマイメロだと自称するのは続けていこうと思う。

 

 と、ここまで書き進んだところで、28歳マイメロの現状を書いてみたいと思う。

 28歳マイメロの現状。

 ・休職してそろそろ1年になる。

 ・体重は休職前から20キロ増加した。

 ・彼女いない。

 ・マイメロって言ってるわりには友達はいる方。

 ・趣味は文章書きと写真と音楽。

 ・映画は見る量が極端に減った。

 ・サインバルタ60mg服用(あとサインバルタの効果を増幅させる薬も飲んでる)

 ・たまに眠れなくて睡眠薬も服用。

 ・メンタルクリニック通い。

 

 なんか、並べてみると怒濤のメンヘラっぷりにびっくりしてしまうが、これはあくまでも個人のデータであって、ここに僕はいない気がする。なんていうか、齟齬を感じる。これだけ見るとめちゃくちゃメンヘラな人っぽい。でもそうじゃないんだよ。ここに僕はいないのです。泣かないでください。

 最近はお薬も効いているので、そこまでメンタルがヘルってるわけではない。むしろ元気。めちゃ元気。しかし、めちゃ元気な日から二日間連続で眠ってしまうなど、まだ体力面にムラがある。それ故にまだ復職ができないって感じなのです。およよよ。

 というわけでマイメロ(28歳男性)の目標としては、まずは体力の回復からの復職。薬の服用量の減少。そういう感じで進めていこう。OK、余裕。世界は俺らの手の中。

 

 昨日、去年の今頃のTwitterを読んでいたら、あまりの病みっぷりに笑ってしまった。いや、笑ってはいないのですが、不安にめっちゃなったのですが、なんつうか、めっちゃ病んでた。

 とにかく「なんでこんな現状になってしまったのだろう」という後悔と「誰かに愛されたい」という切望と悪夢を見てうなされる日々と身体が動かなくて辛いという状況と。

 とにかくもういちばん辛い時期って感じで、今思えば良く乗り越えれたなと思ってしまった。

 あの頃は死にかけていた。映画見るのも体力を使い果たしてしまって、血抜きされた豚のような顔色になったり、人と会うのにも不安で血抜きされた豚のような顔色になったり、電車移動も辛すぎて、血抜きされた豚のような顔色になったりしていた。

 それに比べれば、よくはなってきている。

 映画を見て疲れることはあっても、血抜きされた豚のような顔色になることはなくなった。人とあって、疲れることはあっても血抜きされた豚のような顔色になることはなくなった。電車移動で辛いと思うことはあっても血抜きされた豚のような顔色になることはなくなった。

 とにかく良くはなっている。進んでいる。進めている。ゆっくりだけども回っている。サイプレス上野とロベルト吉野のワンダーホイールで言うところの「ワンダーホイールゆっくりでもいいよまわってくれ」って感じで願っていたら、本当ゆっくりだけども回ってきたという感じだ。

 多分、ここまでこれたのは僕だけの力じゃなくて、周囲の、それこそ家族や友人や知人、人たちのおかげである。本当に感謝しかない。皆様が、こんな僕を肯定してくださったから、なんとかやれている。そうなんとかなってきている。

 

 あとこうやって文章を書いていることも、だいぶ精神安定に一役買っている気がする。鬱とメンヘラこそ文章を書け!と言っていたのは誰だったか。地下クイズ王選手権でおなじみの篠原かをりさんだったか。多分そうだったと思うんだけども、本当そうで、文章を書くことで救われてきたことも沢山だ。

 前の記事で、書くことは祈りだとか言ったけども、自分にとっては祈りであり、セラピーであり、ガス抜きになっていたんだと思う。自分にとっての救いってなんなのかを見つけることが出来たのも本当よかった。人にとって救いが何かは全く違うと思う。音楽であり、演劇であり、映画であり、本であり、ボルダリングであり、料理であり、野球であり、絵であり、人に言えることであったり、人に言えないことだったりするのだと思う。

 僕はたまたま文章を書くことだったのかもしれないし、これが性に合ってたのかもしれない。とにかくそういうものが早めに見つかったのはよかった。それは幸せだった。

 

 というわけで、去年再開したこのブログだけどもできる限り続けていきたいし、できる限り書いていきたい。こんな風な文章だったり、短編小説だったり、感想だったり、なんでもいいから書いていきたい。

 28歳もできる限りでいいから多くの物を生み出せたらと思う。自分の手から生み出せたらと思う。その先に何があるかなんてわかんないけども、生み出している間は幸せな気持ちになれるっぽいから、これは続けていきたいと思う。

 

 あとはですね、よく食べて、よく寝て、よく運動して、そしてたまに遊べたらなと思います。それが出来たらいい人生だと思う。もうそれくらいでいいなと思います。それが難しかったんだもの。そしてそれが大事だってわかったんだもの。多くは望まないです。それが出来たら幸せです。

 そんなことを思ったりしました。

 つらつらと書いてきたけども、とりあえずは復職を目指すことと、こうやって書き物は続けていくぞーという宣言でした。

 28歳。いい1年になれればなと思います。いやいい1年にしていきたい。最底辺は味わったので後は上がるだけだって思うので、どんどん上がっていきたい。

 あげぽよ~!なんてもう誰も言わないけども、あげぽよですよ。人生をどんどんあげぽよしていきたい。あげてあげてぽよぽよしていきてえ。

 そんな風に希望に満ちたことが言えるコンディションの時はめちゃくちゃ希望めいたこと言っていこうな。そしてその希望の言葉を自分の周囲にまとって、戦っていくのだ。

 戦え、何を、人生を。

 マイメロ(28歳男性)は今年も人生を諦めずにやっていこうと思います。そのために、沢山の音楽と沢山の物語と沢山の楽しい瞬間で武装していこうと思います。

 やっていきの姿勢保ってまだまだやっていくぞ。

 うぉらうぉら。

f:id:gachahori:20180828184258j:image