にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

どてらねこのまち子さん『Tesseract』

どてらねこのまち子さん

f:id:gachahori:20180530162611j:image

"Tesseract"

 駅前のピンク色のビルの4階にあるリードボーカル養成所は気がついたら血まみれでした。隣で震えているのはどてらを着た二本足で歩き言葉を喋る猫のまち子さんです。

 「うにゃにゃにゃにゃにゃ・・・」

 まち子さんは想像を絶する光景に呆然としていました。

 勿論私も血と臓物で溢れた光景に仰天するしかなかったのですが。 血まみれの部屋の中央に立つのは4次元で構成された熊でした。

 4次元で構成された熊はぼんやりとゆらめきながら、時折私達に向かってソプラノボイスを響かせていました。

 どうしてこんなことになったのでしょうか。

 


 少しばかり話はさかのぼります。

 「岸本さん、岸本さん、このビラなんでしょうか」と私に一枚のチラシを見せました。「リードボーカルになりたいあなた!ぜひうちのスクールへ!」とワードで作られたチラシがそこにはありました。

 「リードボーカルってなんですか?」とまち子さんは頭をかしげながら聞きました。この問いに私は困ってしまいました。私も一介の人間でありますのでリードボーカルという存在は知っています。しかし説明するとなるとうまく伝えられないのでした。

 「うたうたいさんのことですか?」まち子さんは尋ねます。まち子さんはボーカルのことをうたうたいさんと言います。そこがかわいらしいところでした。

 「そうです。うたうたいさんのことです。リードボーカルとは、うたうたい集団の中でも、その集団をひっぱっていく存在のことです」

 「そうなんですね。なるほど。なるほど・・・」まち子さんはそういうとしばらく考え込むような表情をしていました。

 「どうしたんですか?」

 「岸本さん。私一度、このリードボーカル養成所ってところに行ってみたいです」まち子さんはきりっとした顔で私に言いました。

 「あ、そうなんですね。なんでまた行ってみたいんですか」

 「私、うたうたいになってみたかったのです。うたうたいになってうたをうたってみたいのです」

 「なるほど」

 「岸本さん。付いてきてくれませんか?無料体験があるみたいなので行ってみたいのです」ビラの下の方をまち子さんは指さしました。するとそこには無料体験毎日実施中!との文字が踊っていました。

 「今日ですか?」

 「あ、今日です」

 「いいですよ」と私は返しました。特に予定も無いですし、私もリードボーカル養成所というところがどういうところか興味あったのです。

 「ありがとうございます!」まち子さんは満面の笑みを私に向けました。いえいえと私は言いました。陽はちょうど沈みかけていました。街がだんだんと赤く染まっていきました。

 


 チラシの案内に従って駅前のピンク色のビルの4階に来ました。狭苦しいエレベーターの扉が開くとそこにはリードボーカル養成所という看板と「ふぁ~」という歌声がガラス製の扉の向こうから響いていました。

 まち子さんが先におりました。まち子さんがガラス製の扉を二回ノックします。「すいません~」

 がちゃりと扉が開いて中から部屋の空気が飛び出してきました。「はい~」とそこに立っていたのは黒ずくめの服装をした男でした。

 「あ、あの、リードボーカル養成所の、無料体験に来ました、まち子です」

 「あら猫さん。今日は不思議なお客さんが多いのね。大歓迎ですよ。ほらほら入って入って」

 と黒ずくめの男は私たちを案内しました。

 部屋の中に入ります。部屋は鏡張りで至る所に張り紙がしてありました。そしてその部屋には4~5人の男女と一匹の熊が立っていました。

 その熊の手にはチラシが握られていたのでこの熊も無料体験に来たのだと思いました。

 「今日は体験の方が沢山いらっしゃって嬉しいですわ」と黒ずくめの男は言いました。どうやら講師のようでした。

 4~5人の男女が拍手をしました。どうやら無料体験者は私たちと熊のようでした。

 「じゃあ、そちらの熊さんから自己紹介してもらっていいかしら?」

 「僕は4次元の熊です」

 「4次元の熊?」

 「4次元です。テッセラクトベアーです」

 「あらあら」

 「歌ってもいいですか?」

 黒ずくめの男は少し困惑したようでしたが、いいですよと言いました。

 4次元の熊が歌い始めました。とても心地のよいソプラノボイスでした。

 「おうたが上手ですね」とまち子さんは言いました。

 すると4次元の熊の口から立方体が出現しました。

 その立方体は熊の歌声に合わせてゆらゆらと飛び回っていました。

 その動きはまるで蝶のようでした。最初はみんなどきっとしたものの、次第にその動きに魅了されていきました。

 その立方体はゆらゆらと黒ずくめの講師に近づいていきます。

 黒ずくめの講師は目で立方体を追っていきました。そして、近づく立方体に指を近づけました。

 立方体に触れた瞬間でした。

 黒ずくめの講師の身体が一瞬で、裏返しになりました。裏返しになったせいで血と臓物が辺り一面に飛び散りました。

 「きゃあ!」と4~5人の男女が叫びました。

 すると立方体はその声に反応して、4~5人の男女を一気に通り抜けていきました。

 すると4~5人の男女の身体も裏返しになってしまい、教室は一瞬にして血の海になってしまったのでした。

 


 これが、ここまでの経緯です。今も4次元の熊は気持ちよさそうに歌っていました。

 そして、その4次元の熊の周りを立方体がゆらゆらと揺らめいていました。

 「うにゃにゃにゃにゃにゃ・・・」とまち子さんはすっかり困っています。何しろ歌を習いにきたのに、気がついたら血の海にいるので当然と言えば当然でした。

 4次元の熊はふと歌を止めました。そして周りを見渡して状況に気がつきました。いや、状況に気がついたというよりはそうなるであることをわかっていた顔をしていました。

 「私には過去も現在も未来も並列で見えてしまいます」4次元の熊は私たちに語りかけました。

 「並列に見えるとはどういうことですか?」まち子さんが返答します。

 「一枚絵のように私の目には映ります。私がここに来る前から、この人達がこうなることはわかっていました」

 「じゃあ、なんで来たのですか?」

 「過去も未来も私にはわかるけども、私もリードボーカルになりたかったのです」と4次元の熊は語りかけました。

 「うたうたいになりたかったのですか?」

 「はい。私も歌歌いになりたかった。みんなの心を打つ、歌を歌いたかった。でも、それは無理だ。私には無理なんだ。それもまたわかっていたことだったのに」

 そこまで4次元の熊が言い終えると、またソプラノボイスで歌い始めました。

 そして口からまた4次元立方体を出すと、その4次元立方体は熊の身体に触れました。

 その瞬間、熊の身体は裏返しになって、また血と臓物が辺りに飛び散りました。

 


 帰り道、私とまち子さんはコロッケを買いました。そして食べながら二人で歩きました。

 「あの熊さん。自分があそこで死ぬこともわかってたんでしょうか」

 「さあ、どうだろう」

 「あの熊さんが言うようにいまもむかしもみらいもわかっちゃうんだったら、熊さんは死ぬことをわかって、あの場所に来たってことですよね」

 「そうだね」

 「うにゃにゃにゃにゃにゃ・・・」

 まち子さんはわからないと言った顔をしました。

 私はコロッケをかじりました。とても美味しい味が口いっぱいに広がります。

 「岸本さん。私のうたを聞いてくれますか?」とまち子さんは言いました。

 「ええ、いいですよ」と私が返答するとまち子さんは歌い始めました。

 まち子さんの歌はどこか間延びしていて、お世辞にもうまいといえるものではありませんでした。

 でも、とてもまち子さんらしい歌だと思いました。

 電灯の灯りがぽつぽつと伸びていく道を歩きながらまち子さんは歌っていました。

 その灯りが無くなるまでまち子さんは歌っていました。