にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

どてらねこのまち子さん『Stayin' Alive』

 f:id:gachahori:20180429220225j:image

 ビージーズのステイン・アライブのBPMは103で、このリズムは心臓マッサージのリズムと同じだそうだ。

 というわけで、今、私は頭の中で、ステイン・アライブを流しながら、道端で倒れた太った男に心臓マッサージをしている。

 ふんにゃかふんにゃかステイン・アライブ、ステイン・アライブ。 ふんにゃかふんにゃかステイン・アライブ、ステイン・アライブ。 繰り返す。このステイン・アライブ。

 突然街角で「うおおおおおおお」とよだれを垂らして倒れた太った男。

 この男を救えるのはステイン・アライブのBPMが心臓マッサージであるとわかっている私だけだ。

 このことを知っているのは沢山いるだろうけども、今、この街角では私だけで、だから私はステイン・アライブを繰り返して心臓マッサージをしなきゃいけない。

 ふんにゃかふんにゃかステイン・アライブ、ステイン・アライブ。 ふんにゃかんふんにゃかステイン・アライブ、ステイン・アライブ。

 すると太った男がかっと目を開いた。

 蘇生したか。

 すると「ぐろおおおおおおお」と大きな声で叫び始めた。

 その声は大きくとどろく。

 腹からぴりぴりぴりと音が響く。

 「ぐろおおおおおおおお」

 ぴりぴりぴりぴり。

 腹が割れる。

 血しぶきが間欠泉のように吹き出す。

 私は太った男の血を大量に浴びる。

 間欠泉から黒い影が飛び出した。

 その影が着地して私を見る。

 「あ、山本さん」

 その影はまち子さんだった。

 どてらを着て二本足で歩く猫のまち子さんだった。

 「私は岸本です。まち子さんなぜそこに」

 「うにゃにゃにゃにゃ。散歩していたら、太った男に食べられてしまったのです」

 「おやや」

 「助かりました」

 「それは良かったです」

 足下では、太った男が間欠泉のように血を吹き出し続けています。 その血で、虹ができていました。

 「あっきれい」 

 まち子さんはそうつぶやきました。