にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

どてらねこのまち子さん 第1話

どてらねこのまち子さん 第1話

SAVE THE CHILDREN

f:id:gachahori:20171226143833j:image

 

 どてらを着た二本足でとことこ歩くねこの後ろ姿が見えたので「おーい、まち子さん」と話しかけたら、どてらねこのまち子さんは振り向いて「あら、竹本さんじゃないですか」と言う。私の名前は岸本だ。竹本ではない。「まち子さん。私の名前は岸本です」
「そうでした。岸本さん。こんにちは」
とまち子さんはお辞儀をしたので私もお辞儀をした。
どてらねこのまち子さんはスーパーの袋を下げている。
「まち子さん。スーパー帰りですか」
「はい、暴力空間から今日も帰ってこれました」
「暴力空間ですか?」
「動物の死体や内蔵があちらこちらですよ」
「スーパーですからね」
「暴力空間です」
「まち子さんは今日は何を買ったのですか?」
「死んだ鮭の肉片です」
「サーモンの切り身なんですね」
「あとはサーモンの子どもたちを買いました」
「いくらですね」
「コンテナに詰め込まれた子どもたちです」
とまち子さんは袋から取り出す。
すると袋の中から、半透明のコンテナが出てきて、その中にはぎっしりいくらが詰まっている。そのいくらは蠢いていて「きゅるるるるるる」と叫び声をあげている。
「見てられなかったので・・・」とまち子さんは言う。まち子さんは優しいのだ。
「まち子さん、その子どもたちをどうするんですか?」
「川に放流してあげます」
そういったので私たちはとことこと川に向かう。


どてらを着たねこのまち子さんと私は流れる川を見ている。
昨日の雨で川は流れが強い。
「まち子さん、流れが強いですね」
「うにゃにゃにゃにゃ・・・」
とまち子さんは子どもたちを流そうか、どうか困っている。
まち子さんは半透明のコンテナを見つめる。
子どもたちは「ぎゅぎゅぎゅぎゅ」と叫んでいる。どうやら自然に帰りたいのだ。
まち子さんは意を決して、コンテナの鍵を開ける。
「ぴゅいぴゅいぴゅいぴゅい」子どもたちが歓喜の声をあげる。
「さあ、自然で生きるのです、子どもたち。帰るのです。自然に」
川に子どもたちが放流される。
子どもたちの喜びの声が聞こえる。
まち子さんと私も笑顔になる。
子どもたちは強い川の流れに乗って下っていって私たちから50メートルくらい離れたところでクロコダイルに食べられて全滅した。