にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

先輩とブランクとスカート

 大学時代の先輩から『亜人』を見に行かないか?と誘われたので平日の昼間に落ち合って映画『亜人』を見に行った。
 実は『亜人』はもうすでに見ていた。
 とてもおもしろい映画だったけども、先輩に誘われて二度目の鑑賞をすんなり了承したのはその先輩が『亜人』に出演していたからだった。
 先輩は一度目の佐藤健綾野剛の壮絶なバトルのあと、綾野剛城田優を連れて演説するシーンに取材陣の一人として映っていた。
 先輩は自分が出ているカットになるとスクリーンに映る自分を指差して笑っていた。
 その先輩の姿を見ることができただけでも二度見て良かったと思えた。
 先輩にはどんどん映画に出てほしいなと思った。
 そしてその度に僕を誘って、自分が出ているシーンをドヤ顔で指差してほしいと思った。
 ゆくゆくは重要な役で出て、上映時間の大半を指差してほしい。
 「いやー先輩出てましたね」
 「出てたねー」
 と言いながら劇場を後にしておしゃれな喫茶店に入っておしゃれじゃない話を沢山した。
 

 

 小学校からの親友と7年ぶりに会って遊んだ。
 昔はほぼ毎日のように会ってずっとずっと喋りまくっていたんだけども、親友の就職と僕の進学と色々環境の変化等で会わなくなっていたうちに7年も経ってしまっていた。
 正直、会うまでは経ってしまった月日によって気まずくなっていたらどうしようと思った。
 でも、駅の改札で会った瞬間に、7年間会っていなかったなんて嘘みたいに一気にあの頃と同じように話せた。
 まるで三日前も会っていたみたいに話せた。
 お互いの7年の間にいろんなことがあって、いろいろと変わったところもあったはずだった。
 でも核の部分はどうやら変わってなかったみたいでそれはとても嬉しかった。
 ご飯を食べてケーキを食べて、お互いの近況をふざけながら話したり、ただふざけたり、ロフトで買い物したり、おすすめの映画の話をしているうちに、あっという間に時間は過ぎて帰る時間になった。
 また近いうちに会おうという話になった。
 今度は7年もブランクが空かないようにしようって言い合った。
 

 
 スカートのアルバム『20/20』を買った。
 まるで中学時代から聴き込んでいたいたアルバムのように、初めて聞いた気がしないほど普遍的でとてもポップなアルバム。
 このアルバムを生活の至る所で流していたい。
 散歩中に、ドライブ中に、読書中に、掃除中に、ご飯を作っているときに、知らない旅先で、地元に帰るときに、夜行バスで寝るときに。
 色んなところにぴったりくる作品だと思った。
 どの曲も好きだけども「視界良好」「さよなら!さよなら!」「ランプトン」「静かな夜がいい」はどこまでも連れて行ってくれる曲のようで素敵。
 

スカート / 視界良好【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

スカート / 静かな夜がいい【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

20/20(トゥエンティトゥエンティ)

20/20(トゥエンティトゥエンティ)

 
 今日は一日ずっとしんどくてほぼ横になっていた。
 夢の中でとんねるずのタカさんに「ちょっとさあ~旅行に行ってその模様をフェイスブックにアップしてよ~」と言われた。
 「いや、休職中なんで勘弁してほしいです…」って言ったけども「でも、もうマッコイもスタンバイしてるよ~」と言われ後ろを見るとマッコイ斎藤がカメラを構えていた。
 これはとんでもないロケになるぞとわかり、吐き気と不安と職場からのバッシングの全てを想像して最悪な気持ちになった瞬間に目が覚めた。
 マッコイ斎藤さんのロケには参加したくない。
 マッコイ斎藤さんのファンだけどもそれは強く思った。