読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

”僕の体は常にスクラップアンドビルド”

僕は今25歳で8月には26歳になるからぎりぎり後厄な時間を生きてるわけなんですが、後厄も後厄やなってくらいにどんどん体調崩したり、立てなおしたり、また体調崩したり、僕の体は常にスクラップアンドビルド
あんまり厄年とか後厄とか全然気にせず生きてきたけども、ここまで色々起こるとまじで後厄とか気にしちゃう。
畳み掛けるように不幸に見舞われた人が宗教やスピリチュアルに行っちゃう理由もなんとなくわかったりした。
答えのない不幸に答えを求めちゃうとだいたいスピリチュアルが回答をもっているように見えちゃう。
そんなわけないのにねーと思いつつ、ここのところの体調崩しっぷりに、街を散歩している時に神社を見かけたらふらっと入って賽銭入れてぱんぱんと手を叩いて「体調良くなりますように」とつぶやく僕も対してスピリチュアルにはまる人と対して変わらないのかもしれない。


ゴールデンウィーク終わった後、僕の体調はすこぶる良かった。なんなら全能感すらあった。
春に僕を襲っていた体調不良なんてどこ吹く風。僕は全快した。そう思っていた。
だから心療内科に行った時も「もう僕治ったんでー」なことを言ったら先生は「ぶり返しってあるからね、気をつけてね」と言って、何を言ってるんだこれほどまでに全快したというのに水を差すなあと思っていたら私の体調はすってんころりん不良になって会社を2日休んだ。

会社を2日休むと、さすがに罪悪感が芽生えて、休んでるのに休んでない、とトトロの「夢なのに夢じゃなかった」のようなトーンで部屋の隅っこで天井を見上げながらつぶやくことになる。


僕はこれからどうなるのだろうか。こんなに体が弱いのに社会人続けることができるのだろうか。
悩みがモノリスの如く僕の目の前に現れるが、残念ながらそのモノリスにタッチしても僕は進化しない。

8月になれば26になる。
僕はすっかりおじさんと呼ばれる年齢になっていることに気がつく。
しかし実感が伴わないまま、ぼんやりと日々を過ごす。

というわけで聞いてくださいandymoriでSunrise&Sunset


「Sunrise & Sunset」~andymori ライブハウスツアー"FUN!FUN!FUN!"ファイナル @ LIQUIDROOM~