読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃんこのいけにえ

映画と音楽と本を中心にいろいろと。

log:21 8月22~23日の日記。

8月22日(木)

一年前にとある企画劇団に参加したのだけども、なかなか公演が上手く行ったことそして同世代で集まったゆえか結構馬が会ったこともあって、定期的な交流がある。
というわけで、その劇団の集まりでバーベーキューに行ってきた。
場所は心霊スポットとして名高い清瀧トンネルの近く。
朝9時からの集合にもかかわらず妙にテンションがあがってしまった僕は寝ることができず、スタートレックを見るといった愚行に及んでしまったが、なんとか朝は起きることができ、無事遅刻することもなく参加することができた。

久しぶりな人々ばかりだったけどもパシフィック・リムの話に始まり楽しく過ごした。
というか超楽しかった。
川辺でBBQ、そして誕生日を祝ってもらい、それから川遊び、なんて大学生みたいなことができるなんて。それもとっても楽しい人々と。こんな日が僕にもあっていいよね。と思わず筋肉少女帯のおもちゃやめぐりな気分になるほど。

川遊びでは水鉄砲を掛け合う、そして滝に打たれると言った大学生らしいことをしている時の高揚感すさまじかった。
こりゃアウトドア最高やで!
とインドア原理主義の私が思わず改宗してしまいそうになるほど。


途中から高速バスで事故にあった後輩も合流と楽しさのインフレが止まらない中夕方でBBQは切り上げたものの、汗だくになったので温泉へいくことに。

その道中、清瀧トンネルを通るというので、スマートフォンのビデオを回す。
トンネルを通りぬけ、さあビデオを止めようとすると突如スマホがフリーズ。
全く動かないので、いったん再起動してみることに。
ちょっと怖くなってきたので、さっき撮ったビデオを見てみると、妙に映像がかくかくしている。
気持ち悪いな―と思っていると先輩の顔にカメラを向けたところで映像が止まって背筋がぞっと。
そしてトンネルを出たところまでちゃんとカメラを回したはずなのに、トンネルの途中までしか記録されてなくてさらにぞっと。
妙に重いスマートフォン。もう嫌になったのでその映像を消すと急に軽くなった。
その感想がこちら。

うん、なんていうか。本当最近の心霊は機械に強いんだなと思いながら銭湯へ。

その銭湯で一時間ほど物思いにふける。
というのもその日の朝、またお祈りメールが来たからだった。
それもその日の昨日に説明会行ったところから。
ああ、と思いながら自分の芽の出なさにもうんざりしながらずっと物思いにふけりながらお湯につかっていると、ふとこの瞬間がずっと続いたらいいのになんて思った。
こんな幸福感がずっと続いたらいいのに。
でもそんなんじゃたぶん人生にハリがなくなってしまうんだろう。
ずっと続く幸せはいつか日常になって退屈になるんだろうななんて思ってしまった。
だからこれでいい。そんなことを思っているとのぼせてしまった。


気がついたのは散々遊んだ日の締めに温泉に行くとこれ以上になく幸せを感じることだった。これはこれからも使っていこうと思う。


とても幸せな一日だった。これ以上になく。本当に幸せな一日だった。
http://instagram.com/p/dcOHOtmWZL/


8月23日(金)

23歳になってしまった。
ついに23歳になってしまった。
繰り返し書くのはまだ実感がない。というか未だに僕は20代の実感がない。とか言うてる間に23歳。あなたもう立派な大人よ。おおう。


この日は昼から就活だった。
説明会へ行き、試験を受けて、4時頃に開放。
恒例行事の訪問先の会社の近くのTSUTAYAでの中古CDあさりも行う。
今回の収穫はこちら。

シンクロナイズド・ロッカーズ

シンクロナイズド・ロッカーズ


エネルギヤ

エネルギヤ


My Tunes supported by SPACE SHOWER TV

My Tunes supported by SPACE SHOWER TV

梅田に移動してまずは紀伊國屋書店へ。
そこで木皿泉のすいかが文庫になっているのを発見して立ち読みしていたらついつい泣いてしまった。
やっぱこのドラマは本当好きだ。
あとから出てきたスローライフ系映画とは実は一線を画する作品なんじゃないかなとも思った。
あんまり緩さの方に視点を置いていなくてむしろ生活を行うことの辛さだったり、しんどさを描いている。
でもだからこそ人間が人間たり得ているのだし生活は素晴らしいのだよとそっと言ってくれるようなドラマだったと思う。
この時はお金がなかったけどもこの本は買おう。そしてまたドラマも見返そうと思う。
そんな本屋で買ったのはこの本

ラブホテル進化論 (文春新書)

ラブホテル進化論 (文春新書)


未だにラブホに行ったことない私にとっては未知の空間かつ、たまにラブホの名前でキャッキャしている私にとっては馴染み深いプレイス。これは一度ちゃんと調べるべきではないかと思っていたらちゃんと新書にまとめてくださっている人がいた。ありがたや。というわけで買いました。さっそくラブホの名前の謎という記述があってテンションがガン上がり。

その後家族と合流して中華料理のバイキングへ。
美味美味!
ずっとベネディクト・カンバーバッチの話と結局ASKAはシャブをやったのかどうか話をし、「愛という名のもとに」と「東京ラブストーリー」の時の江口洋介のロン毛について話をし、杏仁豆腐を食べて帰りました。


↑なんてことも言っていた。本当何言ってるんだろう。
その後家族と用もないのにヨドバシの白物家電を探索している間に9時半超えていた。ので帰宅。


多くの人から祝いのメールやリプライが来て、嬉しかったのと同時にこの祝ってくださった気持ちを踏みにじるようなことはしちゃだめだしっかりしないと、と思った。
頑張ることがたくさんだ。